Ticks

Ticks
グラフィックス関数に与えるオプションで,座標軸の目盛を指定する.

詳細詳細

  • Ticksには以下の設定を与えることができる.
  • None目盛を描かない
    Automatic自動的に目盛を配置
    {xticks,yticks,}座標軸にそれぞれ指定された目盛のオプション
  • Automaticの設定では,通常,十進法による桁数が最小になる座標の位置に目盛が配置される.
  • それぞれの座標軸について,以下の目盛のオプションを与えることができる.
  • None目盛を描かない
    Automatic自動的に目盛の位置とラベルを選択
    {x1,x2,}指定された位置に目盛を描く
    {{x1,label1},{x2,label2},}指定されたラベルで目盛を描く
    {{x1,label1,len1},}指定されたスケールの長さの目盛
    { { x 1 , label 1 , { plen 1 , mlen 1 } } , }
    正と負の方向に指定された長さの目盛
    {{x1,label1,len1,style1},}指定されたスタイルの目盛
    func目盛指定を得るために , に適用する関数
  • ラベルが明示されていない場合,目盛のラベルは目盛の位置の数値で与えられる.
  • メモリのラベルとして任意の式を与えることができる.
  • 目盛の長さは,プロット全体の幅の比で与えられる.
  • 目盛のスタイルには,任意のグラフィックス指示子を含むことができる.
  • 目盛関数 では,この他の任意の目盛オプションを返すことができる.
  • Ticksは,2Dおよび3Dのグラフィックスに使用することができる.
  • AbsoluteOptionsは,Automaticに設定されている場合,Ticksの具体的な形式の指定を与える.
  • TicksStyleは目盛マークと目盛マークのラベルに使用するデフォルトスタイルを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

座標軸は描くが目盛マークは描かない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

自動的に目盛マークを置く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

指定位置に目盛マークを置く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

TicksStyleを使って目盛ラベルを含む全体的な目盛マークのスタイルを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1988年に導入
(1.0)