TimeValue

TimeValue[s,i,t]
i で指定された利息に対する時間 t における担保 s の時間価値を計算する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • 単純額 a,実行利息 i とするとTimeValue[a,i,t]は時間 t における a の将来価値すなわち累積価値を与える.
  • TimeValue[a,i,-t]は実行利息 i とした場合の単純額 a の現在価値すなわち割引価値を与える.
  • 時間は抽象単位であるいは日付で与えることができる.
  • TimeValueは任意の数値あるいは記号式に使うことができる.TimeValueが返す記号式は,SolveFindRoot等の組込み関数を使って,利率,支払い,あるいは期間について解くことができる.
  • TimeValue[s,]では,担保 s を単純額としてあるいはCashflowAnnuityAnnuityDueオブジェクトとして与えることができる.
  • TimeValue[s,i,{t,t1}]は時間 から t までに累積されたあるいは割り引かれた時間価値を利子 i を使って計算する.時間 はキャッシュフローの基準点として使われる.
  • TimeValue[s,i]TimeValue[s,i,0]に等しい.
  • TimeValue[,t]TimeValue[,{t,0}]に等しい.
  • TimeValue[s,i,t]では,利子 i は次の形式で指定することができる.
  • r実行利率
    {r1,r2,}単位時間区間に適用される利率一覧表
    {{t1,r1},{t2,r2},}指定時間に変化する利率一覧表
    {p1->r1,p2->r2,}実行利率の期間構造
    function時間の関数として与えられる利力
    EffectiveInterest[]EffectiveInterestオブジェクト
  • TimeValue[s,EffectiveInterest[r,1/n],t]は単位時間ごとに n 回複利計算を行った名目利率 r を使う.時間が具体的な日付で指定されている場合は,すべての利率が年率であると推定される.
  • TimeValue[s,{r1,r2,},]は利率予定での資産 s の時間価値を与える.ただし,は連続する単位時間の利率である.
  • は時間 以前に有効な利率を指定する.これは{{-Infinity,r0},{t1,r1},{t2,r2},}に等しい.
  • TimeValue[security,{r1,r2,},t]TimeValue[security,{{0,r1},{1,r2},},t]に等しい.
  • TimeValue[a,f,{t,t1}]は式で与えられる成長あるいは減衰過程に対応する利力関数 f に基づいた単純額 a の時間価値を与える.
  • 利力指定は任意の担保のタイプに使うことができる.
  • 使用可能なオプション
  • Assumptions$Assumptionsパラメータに関する仮定
    GenerateConditionsFalseパラメータについての条件を生成するかどうか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (14)  (14)

3度の複利計算期間後の実行利率5%における$1000の将来価値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

利率5%3期間後の$1000の現在の値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

名目利率5%で四半期複利計算を行った$1000の将来価値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

TimeValueは記号パラメータに使うことができる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

利率6%年で12期で$100ずつ支払われる年金の現行価値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

定期的に起る一連のキャッシュフローの利率6%での将来価値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

2010年1月1日に利率7.5%で$1000投資した場合の3年後の価値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

$1000が利率6%で$3000になるのに必要な期間数:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

利率について解く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

単位時間区分での利率一覧表を使った場合の5期後の将来価値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

指定時日に有効な利率一覧表を使った場合の現在価値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

利率の期間構造を使った場合の期間10に支払う値の現在価値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

不規則な時間区分で利率一覧表を使った場合の将来価値:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

利力を使った3期間後の将来価値を計算する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)