Times


各項の積を表す.

詳細詳細

  • Esc*Escもしくは\[Times]と入力される.\[Cross]とは異なる.
  • Timesの属性はFlatOrderlessおよびOneIdentityである.
  • Timesの引数のデフォルト値は,パターンと同様である.
  • Times[]と解釈される.
  • Times[x]x である.
  • 0 x を評価するとにになり,0.0x を評価するとになる.
  • 他の関数と違い,Timesはユーザに よって定義された規則の前に,組み込まれた規則を適用する.このため,のような定義を行うことは不可能である.

予備知識
予備知識

  • Timesは,式の乗算を行う(積を取る)関数である.式Times[a,b,c,]は,短縮形のシンタックス,あるいは単に と表されることも多い.特殊形には,1であるTimes[],および x となるTimes[x]がある.
  • Timesは,その引数をソートし,同じタイプの項をまとめる.またTimesは,要素単位でリストに縫い込まれる.Expandを使って,Timesで自動的に乗算されなかった式の積を展開できる.
  • TimesByを使うと,与えられた変数の値を乗算することができる.Divideは,2つの式の割り算を与える.
  • 引数の範囲あるいはリスト上での関数の乗算は,関数Productを使って行う.その他のタイプの乗算には,Dot(行列またはベクトルの操作)とNonCommutativeMultiply(非可換の積)がある.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

Timesをスペースを付けて入力すると数字と数字の間に×が自動的に挿入される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

別の方法:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Timesはリストに対して要素単位で適用される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

明示的なFullForm

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1988年に導入
(1.0)
| 1996年に修正
(3.0)