Timing

Timing[expr]
expr を評価して,この結果と所要時間(秒)のリストを返す.

詳細詳細

  • Timingの属性はHoldAllである.
  • Timing[expr;]{timing,Null}を与える.
  • Timingは,高々$TimeUnit秒の精度しか持ち合せていない.
  • TimingはWolfram言語カーネルで費やしたCPUタイムのみを含む.WSTPやその他に接続する外部過程で費やす時間は含まない.また,Wolframシステムフロントエンドで費やされる時間も一切含まれない.
  • Timing[expr]expr の評価に費やされる時間だけを含み,結果のフォーマットや印刷等の時間は含まない.
  • 処理の作動がオペレーティングシステムによって特定にスケジュールされているすべてのオペレーティングシステムでは,Timingは正確な結果を与える.
  • 複数のCPUを有するある種のコンピュータシステムではWolfram言語カーネルが異なるCPUに追加的なスレッドを生じさせることがあるかもしれない.オペレーティングシステムによっては,Timingがこのような追加的スレッドを無視する.しかし,すべてのスレッドの合計時間を与え,このために結果がAbsoluteTimingを超えてしまうオペレーティングシステムもある.
  • 1つのセッション中でもTiming[expr]が異なる結果を返すことがある.内部システムキャッシュの使用が原因であることが多い.キャッシュはClearSystemCacheでクリアすることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

計算時間:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

異なる方法による計算時間を比較する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

出力を抑制して,結果が非常に大きい場合の時間をチェックする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

長さ n のFFTを計算に要する時間を比較するプロットを作成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1988年に導入
(1.0)