TogglerBar

TogglerBar[x,{val1,val2,}]
x の設定とリスト x に含む値 のためのトグルボタンを持つトグルバーを表す.

TogglerBar[Dynamic[x],{val1,val2,}]
設定値を動的に更新された x の現行値とする.リスト x 中の値はトグルボタンがクリックされるたびにリセットされるものとする.

TogglerBar[x,{val1lbl1,val2lbl2,}]
と関連するトグルボタンにラベル が付いたトグルバーを表す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • TogglerBarの複数のトグルボタンは同時に押すことができる.押されたボタンすべてに関連する値がリストで与えられる.
  • および は,文字列,ボックス,グラフィックス,動的な式を含む任意の式のいずれでもよい. »
  • 次のオプションを使うことができる.
  • AppearanceAutomaticトグルバーの全体的な外観
    BaselinePositionAutomatic周囲のテキストとの相対的な揃え方
    BaseStyle{}トグルバーのベーススタイル指定
    EnabledAutomaticトグルバーを有効にするか,無効(灰色表示)にするか
  • Appearanceオプションの可能な設定値には次のようなものがある.
  • "Horizontal"水平方向に等間隔
    "Vertical"垂直方向に等間隔
    "Row"テキストのように並べ,改行も行う
  • Appearance->"Vertical"->{h,w}とすると,指定された行数列数の格子の列を,コントロールが垂直に順に埋める. Appearance->"Horizontal"->{h,w}とすると,代りに行が水平に埋められる.
  • h あるいは w のどちらかがAutomaticのときは,結果の格子にコントロールが入る最小の数であるとみなされる.hw の両方がAutomaticのときは,行と列の数がほぼ同じになるように計算が行われる.
  • BaseStyleの設定値は,一般に現行スタイルシートのスタイルで与えられるデフォルトスタイルの加えられる.
2007年に導入
(6.0)