TraceAbove

TraceAbove
Traceやこれに関連した関数に与えるオプションで,目標とするパターンform を含む一連の式の現れる評価列を含むかどうかを指定する.

詳細詳細

  • TraceAbove->Trueは,form の出現を含むすべての評価列の最初と最後の式を含む.
  • TraceAbove->Allは,これらの評価列の中の式すべてを含む.
  • TraceAbove->{backward,forward}は,前進と後退方向にどの式を含むかを分離して指定することができる.
  • TraceAboveを使って,評価中に現れるform にマッチする式の完全な道のりを観察することができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

フィボナッチ(Fibonacci)数を求める再帰的定義:

In[1]:=
Click for copyable input

の総和が遭遇したものだけを示す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

の各総和に至る評価チェーンの最初を示す:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

の各総和に至る評価チェーン全体を示す:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
1991年に導入
(2.0)