TraceScan

TraceScan[f,expr]
fexpr の評価に使用されたすべての式に適用する.

TraceScan[f,expr,form]
form にマッチする式だけを含む.

TraceScan[f,expr,s]
シンボル s に関連付けられた変換規則を使用するすべての評価を含む.

TraceScan[f,expr,form,fp]
f を評価前に,fp を評価後に,expr の評価に使用された式に適用する.

詳細とオプション詳細とオプション

  • ffp がこれらに適用される前に評価されることを回避するために,式はすべてHoldFormで包装される.
  • 関数 fp は評価前および評価後の形式の引数として与えられる.
  • TraceScan[f,expr]は,expr の評価の結果を返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

評価に使われたすべての式を出力する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

数値計算に必要な機械数の加算と乗算を数える:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

フィボナッチ(Fibonacci)数を求めるための再帰的定義:

In[1]:=
Click for copyable input

必要なへの呼出しを数える:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

結果を保存するようにを再定義する:

In[3]:=
Click for copyable input

必要なへの呼出しを数える:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

2回目は値が保存されているので呼出しは1回だけになっている:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=
1991年に導入
(2.0)