TreePlot

TreePlot[g]
グラフ g の木構造プロットを生成する.

TreePlot[{vi 1vj 1,vi 2vj 2,}]
頂点 が頂点 と結ばれているグラフの木構造プロットを生成する.

TreePlot[{{vi 1vj 1,lbl1},}]
ラベル をグラフ中の辺と関連付ける.

TreePlot[g,pos]
プロット中の木の根を位置 pos に置く.

TreePlot[g,pos,vk]
頂点 を木構造プロットの根のノードとして使う.

詳細とオプション詳細とオプション

  • TreePlot[g,]は,グラフ g の頂点を連続する層を持つ木または木の集合としてレイアウトする.
  • グラフ が木ではない場合,TreePlotはその頂点をグラフ各要素の全域木をもとにしてレイアウトする.
  • TreePlot[g]は木の層ができるだけ少なくなるように根を選ぼうとする.
  • デフォルトで,TreePlotはそれぞれの木の根を一番上に持ってくる.TreePlot[g,pos]は根を pos の位置に置く.可能な位置にはTopBottomLeftRightCenterがある.
  • 頂点名 とラベル は任意の式でよい.
  • デフォルト設定のDirectedEdges->Falseでは,辺は通常の線として描かれる.DirectedEdges->Trueとすると,辺は矢印として描かれる.
  • TreePlotでは,Graphicsと同じオプションに次の追加・修正を加えたものが使える.
  • DataRangeAutomatic生成する頂点座標の範囲
    DirectedEdgesFalse辺を有向の矢印として示すかどうか
    EdgeLabelingTrue辺に与えられたラベルを含めるかどうか
    EdgeRenderingFunctionAutomatic辺のための明示的なグラフィックスを返す関数
    FrameFalseプロット周囲に枠を描くかどうか
    FrameTicksNone枠にどのような目盛を入れるか
    LayerSizeFunction(1&)各層に許容する高さ
    MultiedgeStyleAutomatic頂点間の重複する辺の描き方
    PackingMethodAutomatic要素をパックする際に使うメソッド
    PlotRangePaddingAutomaticプロット周囲にどの程度の充填を行うか
    PlotStyleAutomatic頂点と辺のための全体的なグラフィックス指示子
    SelfLoopStyleAutomatic頂点をそれ自身と結ぶ辺の描き方
    VertexLabelingAutomatic頂点名をラベルとして示すかどうか
    VertexRenderingFunctionAutomatic頂点のための明示的なグラフィックスを与える関数
  • デフォルト設定のVertexLabeling->Automaticのとき,頂点は点として表示される.頂点の名前 は頂点数が多すぎない限りツールチップで与えられる.
  • Tooltip[vk,vlab]を使って頂点のツールチップを指定することができる.Tooltip[vi->vj,lbl]は辺のツールチップを指定する.
  • VertexRenderingFunctionEdgeRenderingFunctionの明示的な設定値はVertexLabelingEdgeLabelingDirectedEdgesの設定に優先する.
  • VertexRenderingFunction->f では,各頂点が で与えられるグラフィックスプリミティブで描かれる.は頂点が置かれる場所,はその名前である.
  • EdgeRenderingFunction->g では,各辺が で与えられるグラフィックスプリミティブで描かれる.は辺の始点と終点,は頂点の始まりと終り,は辺に指定されたラベルである.
  • EdgeRenderingFunctionおよびVertexRenderingFunctionを適用して得られたグラフィックスプリミティブは,実質的に,TreePlotによって生成されたグラフィックスに直接挿入される.任意の式の挿入にはInsetを使うことができる.
  • TreePlotによって生成されたグラフィックスでは,実質的に,まず辺が描画され,次に頂点が描画される.
  • グラフは結ばれていなくてもよい.不連続の要素は一般に面をほぼ均等に埋めるように並べられる.
  • TreePlot[m,]は隣接行列 m で表されるグラフの木構造のプロットを生成する.
  • 隣接行列 mSparseArrayオブジェクトでもよい.
  • TreePlotGraphicsオブジェクトを返す.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (7)  (7)

木を描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

辺の方向を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

頂点ラベルを含める:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

辺のラベルを示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

デフォルトとは異なる向きの木を描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

根のノードを指定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフが木ではない場合,そのグラフは自身の全域木上にレイアウトされる:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2014年に修正
(10.0)