VarianceEstimatorFunction

VarianceEstimatorFunction
LinearModelFitおよびNonlinearModelFitのオプションで,分散推定量を指定する.

詳細詳細

  • VarianceEstimatorFunctionは,誤差が正規分布に従うと推定できる線形および非線形モデルの誤差分散のスケールを推定する関数を定義する.
  • VarianceEstimatorFunction->f と設定すると,分散のスケールは で推定される.ただし, は残差のリスト,wWeightsオプションの設定で指定される重みのリストである.
  • デフォルト設定のAutomaticでは,分散スケールはで推定される.ただし, 番目のデータ点の重み, 番目の残差, データ要素の数, はモデル中のパラメータの数である.
  • VarianceEstimatorFunction->(1&)Weights->{1/Δy12,1/Δy22,}では,は尺度 の既知の不確実性であるとして扱われ,パラメータの標準誤差は重みだけから計算される.  »

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

誤差分散でデフォルトの不変推定値を使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

既知の誤差分散を仮定する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

平均平方誤差で分散を推定する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
2008年に導入
(7.0)