VertexRenderingFunction

VertexRenderingFunction
GraphPlotおよび関連関数のオプションであり,各頂点の描画に使うグラフィックスプリミティブを生成する関数を与える.

詳細詳細

  • VertexRenderingFunction->f のとき,各頂点は で与えられるグラフィックスプリミティブで描画される.ただし は頂点が置かれる座標の位置, はその名前である.
  • VertexRenderingFunctionを適用することで得られたグラフィックスプリミティブは,実質的にGraphPlot等の関数で生成されたグラフィックスに直接挿入される.任意の式の挿入にはInsetを使うことができる.
  • VertexRenderingFunction->({}&)は各頂点として何も描かない.
  • VertexRenderingFunction->Automaticのとき,頂点はVertexLabelingで指定されたスタイルに従って描画される.
  • PlotStyleの設定で定義されるデフォルト値は,VertexRenderingFunctionの明示的な指示子で無効にすることができる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

各頂点を円板のラベルを使って描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

頂点は描かない:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフィックスを使う:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

頂点を球として描く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)