ViewPoint

ViewPoint
Graphics3Dおよび関連関数に与えるオプションであり,3Dオブジェクトを眺める空間上の視点を与える.

詳細詳細

  • ViewPoint->{x,y,z}は,オブジェクトを囲む3Dのボックスの中心からの相対的な視点の位置を与える.
  • この視点は,境界ボックスの最も長い辺を単位長1とし,境界ボックスの中心を原点とするスケールされた座標系で与えられる.
  • ViewPointに一般的な設定は次の通りである.
  • {1.3,-2.4,2}デフォルト設定
    {0,-2,0}直前
    {0,-2,2}手前上
    {0,-2,-2}手前下
    {-2,-2,0}左端角
    {2,-2,0}右端角
    {0,0,2}真上
  • 次の記号的形式も使うことができる. »
  • Above正の z の方向に沿って上
    Below負の z の方向に沿って下
    Front負の y の方向に沿って手前
    Back正の y の方向に沿って後ろ
    Left負の x の方向に沿って左
    Right正の x の方向に沿って右
    {Left,Top}
  • ViewPointをオブジェクトから離れた距離に選択することで遠近による歪みを少なくすることができる.
  • 直交的視界の指定に無限座標を使うことができる. »
  • {0,0,Infinity}上から見た図(平面図)
    {0,0,-Infinity}下から見た図
    {0,-Infinity,0}正面から見た図(正面図)
    {0,Infinity,0}後ろから見た図
    {-Infinity,0,0}左から見た図
    {Infinity,0,0}右から見た図
  • ViewPointで使用される特殊な座標系における境界ボックスの角の座標は,BoxRatiosオプションの設定によって決定される.
  • ノートブックフロントエンドでは,ViewVerticalの設定と同じように,マウスをドラッグすることでViewPointの方位角要素を変化させて3Dオブジェクトを回転させることができる.
  • CtrlAltあるいはOptionを押しながらマウスをドラッグすると,ViewPointは固定したままでViewAngleの値を変え,拡大・縮小ができる.
  • ViewVectorViewMatrixの明示的な設定は,ViewPointの設定に優先する.
1988年に導入
(1.0)
| 2008年に修正
(7.0)