ViewVertical

ViewVertical
Graphics3Dおよび関連関数のオプションであり,最終的なイメージで垂直となるスケールされた座標の方向を指定する.

詳細詳細

  • デフォルト設定ViewVertical->{0,0,1}は,もとの座標系の 軸が最終的なイメージで垂直になるように指定する.
  • ViewVerticalの設定は,境界ボックスの各次元がからの範囲になるスケールされた座標で与えられる.
  • ViewVerticalで指定されるベクトルの方向だけが重要で,この大きさは重要ではない.
  • ViewVerticalを変更すると擬似カメラの先端部を傾けるのと同じ効果がある.
  • ViewMatrixの明示的な設定は,ViewVerticalの設定に優先する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

デフォルトで, 軸方向は最終画像において垂直となる方向である:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

軸方向を最終画像における垂直方向とする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

垂直方向のさまざまな見え方:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1991年に導入
(2.0)
| 2007年に修正
(6.0)