WatershedComponents

WatershedComponents[image]
image の流域変換を計算し,結果を集水流域に正の整数でラベルを付けた配列で返す.

WatershedComponents[image,marker]
バイナリ画像 marker を使って流域が形成されるかもしれない範囲を示す.

詳細とオプション詳細とオプション

  • WatershedComponents[image]image の各領域内の最小値で流域を求める.
  • WatershedComponentsは,2Dおよび3Dの画像に使うことができる.
  • WatershedComponentsは,バイナリ画像,グレースケール画像,その他の画像に使うことができる.
  • WatershedComponents[image,marker]はバイナリ画像 marker 中の前景領域に対応する位置のみで流域を求める.
  • ターゲットとなる領域 marker 以下のいずれでもよい.
  • markerimageマーカー画像
    {pos1,pos2,}位置のリスト
  • 位置 は,標準的な画像座標系であるとみなされる.
  • 一般に,marker の非零要素は分割のシードとして扱われる.
  • WatershedComponentsが返すラベル配列では,0はいかなる前景成分にも属さない位置を表す.
  • 多チャンネル画像では,WatershedComponentsは全チャンネルの強度平均に対して働く.
  • 指定可能なオプション
  • CornerNeighborsAutomatic隣接コーナーを含めるかどうか
    MethodAutomatic使用するメソッド
  • 使用可能なMethod設定
  • "Watershed"モルフォロジー学的流域メソッド(Meyer)(デフォルト)
    "Basins"修正流域アルゴリズム(Beucher, Meyer)
    "Rainfall"勾配降下法あるいは降雨アルゴリズム(Osma-Ruiz)
    "Immersion"流域イマージョンアルゴリズム(VincentSoille)
    {"MinimumSaliency",t}境界の最低の高さが t より低い場合に隣接流域を統合する勾配降下法
  • メソッドとメソッドはラベル配列中で0で表される分水界線を返す.
  • メソッドでは,常にCornerNeighbors->Falseが使われる.他のメソッドはすべて,デフォルトで,CornerNeighbors->Trueを使う.
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)