WolframAlpha

WolframAlpha["query"]
Wolfram|Alphaに query を送り出力をインポートする.

WolframAlpha["query",format]
指定のフォーマットで出力をインポートする.

詳細とオプション詳細とオプション

  • WolframAlphaの使用にはインターネット接続が必要である.
  • サポートされているフォーマット
  • "FullOutput"Wolfram|Alpha出力の完全にフォーマットされたバージョン
    "WolframParse"クエリに対応するWolfram言語式
    "WolframResult"Wolfram言語による純粋な標準結果(もしあれば)
    "Result"= で生成された形式の結果
    "URL"クエリのWolfram|Alpha API URL
    "XML"生のXMLデータ
    "WolframForms"出力内のWolfram言語式のリスト(ホールド形式)
    "PodInformation"各ポッドに関するすべての既知情報のリスト
    "PodCells"Wolfram言語セルとして描画されたポッドコンテンツのリスト
    "PodImages"ビットマップで描画されたポッドコンテンツのリスト
    "PodPlaintext"テキスト表示によるポッドコンテンツのリスト
    "PodTitles"使用可能なポッドタイトルのリスト
    "PodIDs"使用可能なポッドIDのリスト
    "PodStates"使用可能なポッドの状態のリスト
    "SessionInfo"結果の計算のためにWolfram|Alphaサーバに送られるセッション値のリスト
    "DataRules"使用可能な公開データのリスト
    "Validate"クエリがWolfram|Alphaで解釈できるかどうか
    {"podid"}指定のポッドの使用可能な特性リスト
    {{"podid",subpodid}}指定のポッドとサブポッドの使用可能な特性リスト
    {"podid","property"}指定ポッドの指定特性の値
    {{"podid",subpodid},"property"}指定ポッドとサブポッドの指定特性の値
  • WolframAlpha[query,{podid,elems}]のポッドIDはWolframAlpha[query,"PodIDs"]が返す任意の文字列でよい.
  • 第2引数がリストのとき,そのリスト中の任意の要素自体がリスト,あるいはマッチするすべての特性が返されなければならないことを示すAllであり得る.
  • WolframAlpha[query]はノートブックフロントエンドではWolframAlpha[query,"FullOutput"]に等しく,その他の場合はWolframAlpha[query,{ All,{"Plaintext","Input"}}]に等しい.
  • 使用可能なオプション
  • AppearanceElementsAutomatic表示される結果に含まれる要素
    AsynchronousFalseAPIの非同期特性を使うかどうか
    ExcludePodsNone結果から除外する特定のポッドID
    IncludePodsAll結果に含める特定のポッドID
    InputAssumptions{}APIの呼出しに含む仮定
    PodStates{}ポッドの状態に関する情報
    PodWidthAutomaticAPIが返すコンテンツの幅パラメータ
    TimeConstraint30APIの呼出しに許容する秒数
  • AppearanceElementsWolframAlpha[string,"FullOutput"]のような構造形式で返される結果のみに影響する.
  • 使用可能なAppearanceElementsにはがある.
  • Asynchronous->TrueはAPIにフラグを設定するが,続いて自動的に非同期コンテンツをImportへの次の呼出しで分解する.
  • Asynchronous->Allフラグを設定し,任意の非同期コンテンツを未分解のままにする.
  • 第2引数がリストのとき,IncludePodsExcludePodsの設定はどれも無視される.
  • IncludePodsExcludePodsが両方ともポッドIDの非空のリストに設定されているとき,ExcludePodsは無視される.
  • PodWidth->w はAPIのパラメータを w に設定する.
  • PodWidthはAPIのパラメータのに対応する数4つまでのリストに設定できる.
  • WolframAlpha[args,TimeConstraint->t]は事実上TimeConstrained[WolframAlpha[args],t]と同じである.
  • TimeConstraint->t は非同期ダウンロードにかかる時間を制限しない.
  • TimeConstraintが値のリストに設定されている場合,第2要素はAPIの,第3要素は,第4要素はの各設定に使われる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

Wolfram|Alphaで簡単なクエリの結果を得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

結果のコンテンツのみをWolframシステムセルとしてフォーマットして得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ある特定の情報を特定のポッドまたはサブポッドから得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)
| 2014年に修正
(10.0)