WriteString

WriteString["file","string"]
"string"をファイルに書き出す.

WriteString[channel,"string"]
"string"をストリームあるいはプロセスに書き出す.

WriteString[channel,expr1,expr2,]
expri を文字列に変換し,指定された出力チャンネルに継続した列として書き出す.

詳細詳細

  • WriteStringは,ファイルがすでに開かれているのでなければ書込みのためにファイルを,全既存データを削除して,開く.
  • WriteString[File["file"],]もサポートされている.
  • WriteStringexpriOutputFormを用いる.
  • WriteStringは,それが作成する出力の終りに改行を置かない.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

一時ファイルに文字列を書き込む:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input

ファイルを出力する:

In[3]:=
Click for copyable input

一時ファイルを削除する:

In[4]:=
Click for copyable input

ストリームを開く:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ストリームに書き込む:

In[2]:=
Click for copyable input

ストリームを閉じる:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ファイルを表示する:

In[4]:=
Click for copyable input
1988年に導入
(1.0)
| 2003年に修正
(5.0)
Translate this page: