旧バージョンの WOLFRAM言語MATHLINK C 関数

MLAllocParameter()
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

WSAllocParameterに置き換えられた.

int MLAllocParameter(MLEnvironmentParameter*p,MLAllocator*a,MLDeallocator*d)
現行のメモリアロケータ(割当て)とデアロケータ(解放)関数ポインタをMLEnvironmentParameter オブジェクト p から検索して,ad に保存する.

詳細詳細

  • MLAllocParameter() は,MLError()のように標準エラー値を使ってエラーコードを返す.
  • 成功すると,MLAllocParameter()MLEOKを返す.
  • MLEnvironmentParameterオブジェクトはMathLink 環境の実行時間の特性をコントロールするのに使われる.
  • MLAllocParameter()MathLink ヘッダファイル mathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

#include "mathlink.h"

/* retrieves the memory allocator and deallocator function pointers
from MLParameters */

void f(MLParameters* p)
{
    MLAllocator a;
    MLDeallocator d;
    int result;

    result = MLAllocParameter(p, &a, &d);
    if(result != MLEOK)
        { /* unable to retrieve the memory allocator pointers */ }

    /* ... */
}