MLGetFunction()
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

WSGetFunctionに置き換えられた.

int MLGetFunction(MLINK link,const char **s,int *n)
link で指定された MathLink 接続から記号を頭部として持つ関数を得て,その記号名を s に,そして関数の引数の数を n に保持しておく.

詳細詳細

  • MLGetFunction()は関数の頭部の名前に対応する文字列にメモリを割り当てる. このメモリを開放するためには,MLReleaseSymbol()を呼び出さなければならない.MLGetFunction()が不成功で関数の返す値がエラーを示している場合には,s の内容についてMLReleaseSymbol()を呼び出してはならない.
  • 外部プログラムで文字列s を変更してはならない.
  • は,MLGetNext(link)MLGetArgCount(link,&n)MLGetSymbol(link,&s)と同じ働きをする.
  • MLGetFunction()はエラーがあると0を返し,関数が成功すると0以外の値を返す.
  • MLError()を使うと,MLGetFunction()が不成功の場合にエラーコードを引き出すことができる.
  • MLGetFunction()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

#include "mathlink.h"

/* read a Mathematica function from a link */

void f(MLINK lp)
{
    const char *f;
    int n;

    if(! MLGetFunction(lp, &f, &n))
        {
            /* unable to read the function from lp */
            return;
        }

    /* ... */

    MLReleaseSymbol(lp, f);
}