旧バージョンの WOLFRAM言語MATHLINK C 関数

MLOpenArgcArgv()
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

に置き換えられた.

MLINK MLOpenArgcArgv(MLENV env,int argc,char** argv,int* errno)
コマンドライン引数からの変数を取りながら,MathLink 接続を開く.

詳細詳細

  • MLOpenArgcArgv()を呼び出す前に,MLInitialize()を呼び出さなければならない.
  • MLOpenArgcArgv()はコマンドライン引数を処理し,この引数をリンクの作成を制御するために使う.
  • MLOpenArgcArgv()は次のコマンドライン引数を認識する:
  • "-linkconnect"既存のリンクに接続する (LinkConnect)
    "-linkcreate"リンクを作成する (LinkCreate)
    "-linklaunch"子プロセスを起動する (LinkLaunch)
    "-linkname","name"リンクを開く際に使う名前
    "-linkprotocol","protocol"使用するリンクプロトコル(TCPIPPipesSharedMemory等)
  • MLOpenArgcArgv()は引数名の大文字,小文字を区別しない.
  • MLOpenArgcArgv()は認識しない引数名を無視する.
  • MLOpenArgcArgv()は,mprepmccで作成されたMLMain()関数によって自動的に呼び出される.
  • コンピュータシステムによっては,argc に0を,あるいは argv に空ポインタを与えることによって,通常ダイアログボックスを通して,引数が対話形式で要求されることもある.
  • MLOpenArgcArgv()は,MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

#include "mathlink.h"

/* create a link using command-line parameters */

int main(int argc, char **argv)
{
    MLENV env;
    MLINK link;
    int error;

    env = MLInitialize((MLEnvironmentParameter)0);
    if(env == (MLENV)0)
        { /* unable to initialize the MathLink environment */ }

    /* let MLOpenArgcArgv process the command line */
    link = MLOpenArgcArgv(env, argc, argv, &error);
    if(link == (MLINK)0 || error != MLEOK)
        { /* unable to create the link */ }

    /* ... */

    MLClose(link);
    MLDeinitialize(env);

    return 0;
}