MLPutString()
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

に置き換えられた.

int MLPutString(MLINK link,const char*s)
ヌル終端のC言語の文字列をlink で指定されたMathLink 接続に置く.

詳細詳細

  • 文字列中の原始文字バックスラッシュは,2文字,つまり「」として送信されなければならない.
  • 特殊文字はMLGetString()が返す形式でのみ,送信可能である.
  • 通常使用されるコード化形式はMLGetString()で使用されるものと同じである.
  • MLPutString()はエラーがあると0を返し,関数が成功すると0以外の値を返す.
  • MLError()を使うと,MLPutString()が不成功の場合にエラーコードを引き出すことができる.
  • MLPutString()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

#include "mathlink.h"

/* send a string representing an expression to a Mathematica kernel
for evaluation */

void f(MLINK lp)
{
/* construct the packet to be sent to the kernel */
    MLPutFunction(lp, "EvaluatePacket", 1);
MLPutFunction(lp, "ToExpression", 1);
MLPutString(lp, (const char *)"3+4/Sqrt[19.2]");
MLEndPacket(lp);

/* send the packet */
    if(! MLFlush(lp))
        { /* unable to flush an outgoing data buffered in lp */ }

}