旧バージョンの WOLFRAM言語MATHLINK C 関数

MLReady()
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

WSReadyに置き換えられた.

int MLReady(MLINK link)
link から読取りが可能なデータがあるかどうかをテストする.

詳細詳細

  • Mathematica 関数LinkReadyQに似ている
  • MLReady()は,MathLink 接続をポーリングする手段として,ループ中でよく呼び出される.
  • MLReady()は常に即座に返し,ブロックしないようになっている.
  • MLReady()を呼び出す前に,MLFlush()を呼び出さなければならない.
  • MLReady()はリンクに読み取るデータがない場合には0を返し,リンクにデータがある場合にはゼロ以外の値を返す.
  • MLReady()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

#include "mathlink.h"

/* check a link for readable data */

void f(MLINK lp);
{
    if(! MLFlush(lp))
        { /* unable to flush any outgoing data buffered in lp */ }

    if(MLReady(lp))
        { /* read the data from the link */ }
    else
        { /* data not ready to read */ }
}