旧バージョンの WOLFRAM言語MATHLINK C 関数

MLReleaseEnvIDString()
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

WSReleaseEnvIDStringに置き換えられた.

void MLReleaseEnvIDString(MLINK link,const char *s)
識別文字列 s を保持するために,MLGetLinkedEnvIDString()で割り当てられたメモリを解放する.

詳細詳細

  • パケットに基づく交信を設定する前に,MathLink 接続の側を特定したほうがよいこともある.MLSetEnvIDString()を使うことによって,別のプログラムとのリンクを設置する度に,開発者は交換されるプログラムに識別文字列を与えることができる.MLGetLinkedEnvIDString()はリンクの反対側の名前を取り出す.
  • MLReleaseEnvIDString()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

#include <string.h>
#include "mathlink.h"

/* read the other side of the link's id string and check that it is "My Remote Program" */

int f(MLINK lp)
{
    int isCorrectProg;
    const char *envid;

    if(! MLGetLinkedEnvIDString(lp, &envid))
        { /* unable to get remote side id from lp */ }

    isCorrectProg = strcmp(envid, "My Remote Program") == 0;

    MLReleaseEnvIDString(lp, envid, length);

    return isCorrectProg;
}