旧バージョンの WOLFRAM言語MATHLINK C 関数

MLSetSignalHandlerFromFunction()
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

WSSetSignalHandlerFromFunctionに置き換えられた.


sf で提示されるUnix信号ハンドラを信号s のために,MathLink ライブラリ信号処理構造の中にインストールする.

詳細詳細

  • MLSetSignalHandlerFromFunction()は,Microsoft Windowsには作動しない.
  • sf は,void (*func)(int)の型の信号処理関数のポインタである.この詳細については, ほとんどのUnixやUnixに似たシステム上にあるヘッダファイルsignal.hを参照するとよい.
  • MLSetSignalHandlerFromFunction()は,エラーがない場合にはMLEOKを返し,エラーがある場合にはmathlink.hにリストされている他のエラーコードの一つを返す.
  • MLSetSignalHandlerFromFunction()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

#include <signal.h>
#include "mathlink.h"

void h(int signum)
{
    /* ... */
}

/* set a SIGHUP signal handler in the MathLink environment */

void f(MLENV ep)
{
    int err;
    err = MLSetSignalHandlerFromFunction(ep, SIGHUP, (void *)h);
    if(err != MLEOK)
        { /* unable to set the signal handler in ep */ }
}