旧バージョンの WOLFRAM言語MATHLINK C 関数

MLSetYieldFunction()
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

に置き換えられた.

int MLSetYieldFunction(MLINK link,MLYieldFunctionObject yf)
降伏関数 yflink で参照されるリンクのためにインストールする.

詳細詳細

  • MathLink APIの呼出しは,データが読取りに使えるようになるか,あるいは書込みに必要な容量ができるようになるまで,阻止されることがある.その阻止時間中にアプリケーションで他の有用な処理を行う必要がある場合は,そのアプリケーションにリンクのための降伏関数をインストールすれば,MathLink が自動的に阻止時間中に降伏関数の呼出しを行うようになる.
  • 阻止された読取りや書込みを取り消すためには,降伏関数はゼロ以外の値を返すべきである.
  • MLSetYieldFunction()はエラーがあると0を返し,関数が成功するとゼロ以外の値を返す.
  • Windowsでは,MLYieldFunctionObjectはWINAPI呼出し規則を使う.
  • MLError()を使うと,MLSetYieldFunction()が不成功の場合にエラーコードを引き出すことができる.
  • MLSetYieldFunction()MathLink ヘッダファイルmathlink.hの中で宣言される.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

#include "mathlink.h"

#if UNIX_MATHLINK
#    define CALLING_CONVENTION
#elif WINDOWS_MATHLINK
#    define CALLING_CONVENTION WINAPI
#endif

int CALLING_CONVENTION AppYieldFunction(MLINK lp, MLYieldParameters yp)
{
    /* ... */
    return 0;
}

int main(int argc, char **argv)
{
    MLENV env;
    MLINK link;
    int error;

    env = MLInitialize((MLEnvironmentParameter)0);
    if(env == (MLENV)0)
        { /* unable to initialize MathLink environment */ }

    link = MLOpenArgcArgv(env, argv, argv + argc, &error);
    if(link == (MLINK)0 || error != MLEOK)
        { /* unable to create the link */ }

    if(! MLSetYieldFunction(link, AppYieldFunction))
        { /* unable to set the yield function for link */ }

    /* ... */

    MLClose(link);
    MLDeinitialize(env);
    return 0;
}