ArcGRID

ArcGRID地理データ形式.
USGS(米国地質調査所)の全国地図データの標準配布形式.
地形データを保管する.
バイナリの.adfおよびその他のファイルから構成されるバンドル形式.
ESRIによって開発された.
  • ImportはArcGRIDファイル形式に完全に対応している.

ImportとExportImportとExport

  • Import["dir","ArcGRID"]またはImport["dir"]はArcGRIDディレクトリバンドルをインポートし,データの結合して描画したものを返す.
  • Import["dir"]Graphicsオブジェクトを返す.
  • Import["dir","elem"]はArcGRIDから指定の要素をインポートする.
  • Import["dir",{{"elem1","elem2",}}]は複数の要素をインポートする.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"地形標高値の配列
    "Graphics"ReliefPlotとして描画されたDEMファイル
    "Image"画像オブジェクトとしての生のDEMデータ
    "ReliefImage"ReliefImageとして描画されたDEMファイル
  • Importはデフォルトで要素をArcGRID 形式に使用する.
  • メタデータ要素:
  • "DataFormat"標高値を表すのに使われる型
    "ElevationRange"標高値の範囲
    "RasterSize"地形格子のサイズ
    "SpatialRange"座標系単位で与えられる,地理座標の範囲
    "SpatialResolution"座標系単位の格子間隔
  • Import["dir","ElevationRange"]は標高値の範囲をメートル単位で与える.
  • Import["dir","SpatialRange"]はファイルでカバーされている地理領域の境界座標をという形の式で返す.
  • ファイルで使用されている測地原点と準拠楕円体を表す要素:
  • "CoordinateSystem"ファイルで使用されている座標系の名前
    "Datum"測地原点
    "SemiMajorAxis"準拠楕円体の長半径(メートル)
    "SemiMinorAxis"準拠楕円体の半短径(メートル)
    "InverseFlattening"楕円の逆平坦化
    "LinearUnits"座標系単位
  • 地図投影法とそのパラメータを指定する要素:
  • "Projection"投影法名とパラメータ
    "Centering"投影の原点を定義する緯度と経度
    "StandardParallels"標準緯線
    "CentralScaleFactor"中央経線または投影中心におけるスケール因子
    "GridOrigin"中央緯線と中央経線のグリッド座標値
    "ProjectionName"使用されている投影法のWolfram言語における標準名
    "ReferenceModel"どの基準球,準拠楕円体を使用するか
  • ファイルの低レベルメタ情報にアクセスする:
  • "CoordinateSystemInformation"ファイルに保管されている座標系の生のパラメータ
  • 地図投影法の詳細情報はGeoProjectionDataを参照のこと.

オプションオプション

  • 一般的な描画オプション:
  • BackgroundNone背景色
    DataRangeAutomaticデータに想定する緯度と経度の値の範囲
    ImageSizeAutomatic画像の全体の大きさ
  • DEM描画オプション:
  • BoxRatiosAutomatic実質的な3D境界ボックスの比
    ColorFunction"Topographic"表面色をどのように決定するか
    DataReversedFalse行の順序を反転するかどうか
    LightingAngleAutomatic模擬照明が入ってくる有効な角度
  • Importオプション:
  • "DefaultElevation"Automaticファイルによってカバーされていない地域の標高設定
    "DownsamplingFactor"1インポートの際に削減される各水平次元のDEMデータ量が決定される因子となる整数

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

ArcGRIDデジタル標高モデルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで利用可能なImport要素の名前を取得する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ArcGRIDバンドルに含まれているファイル名を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルの標高値のヒストグラムを生成する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2010年に導入
(8.0)