BMP (.bmp,.dib,.rle)

MIMEタイプ:image/bmp
BMP Windowsビットマップ形式.
ラスタ画像形式.
Microsoft Windowsオペレーティングシステムのネイティブビットマット形式.
BMPはBitmapから派生した頭字語である.
バイナリファイル形式.
種々の色解像度でカラーのビットマップを保管する.
チャンネルごとに異なるビット深度が可能.
256 8ビットRGBカラーまでの減色パレットをサポートする.
透明色をサポートする.
無圧縮,またはランレングス符号化形式でデータを保管する.
  • ImportExportは完全にBMP標準をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.bmp"]はBMPファイルをインポートし,Imageオブジェクトを返す.
  • Export["file.bmp",expr]はグラフィックスやその他の任意の式を画像としてBMPにエキスポートする.
  • NotebookCell式はBMPにエキスポートできる.
  • Wolfram言語のグラフィックスや任意の式をBMPにエキスポートすると,結果の画像はその表示形式と同じラスタサイズとなる.
  • 画像オブジェクトはデフォルトでそれぞれのラスタサイズでエキスポートされる.
  • BMPはラスタ画像形式であるので,フォントはすべてエキスポートの際にラスタライズされる.
  • Import["file.bmp",elem]はBMPファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.bmp",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.bmp",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","BMP"]またはImport["file",{"BMP",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.bmp",expr,elem]expr が要素elem を指定してるとしてBMPファイルを作成する.
  • Export["file.bmp",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.bmp",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.bmp",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはWindowsビットマップ形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドでは,挿入 画像および開くメニューでBMPファイルがセルにインポートできる.
  • 選択範囲の形式保存はノートブックの選択した部分をBMPファイルにエキスポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"で指定されたエンコードに基づく色の値の配列
    "Graphics"画像を表すGraphicsオブジェクト
    "Image"Image オブジェクトとして与えられるラスタ画像
    "GrayLevels"正規化されたグレーレベル値の配列
    "RawData"整数配列で与えられるカラーインデックス
    "RGBColorArray"RGBColorオブジェクトの配列
  • ImportExportはデフォルトで要素をWindowsビットマップファイルに使用する.
  • Exportはバイナリ,グレースケース,カラーの画像を保管する際に,自動的に最も適したBMPファイルタイプを選択する.
  • Exportは,色が割り当てられたラスタグラフィックスをエキスポートするとき,あるいは要素が指定されているときは,インデックスカラーのBMPファイルを作成する.
  • Importの高度な要素:
  • "BitDepth"ファイルのカラーチャンネルのエンコードに使用するビット数
    "ColorDepth"各ピクセルのビット数
    "ColorMap"ファイルで使用する減色パレット
    "ColorSpace"色のエンコード
    "ImageCompression"ファイルで使用する圧縮法
    "ImageResolution"グラフィックスを描画する際の解像度
  • BMP形式はについて以下の値をサポートする:
  • 12色のパレット
    4サイズ16の減色パレット
    8サイズ256の減色パレット
    16一般にカラーチャンネルあたり5ビット
    24チャンネルあたり8ビットのRGB
    32一般に不透明度を伴う8ビットRGB

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • ImageSizeAutomatic画像の全体の大きさ
  • ImportおよびExportのオプション:
  • "ImageTopOrientation"Topファイルに保管されている画像の向き
  • Exportオプション:
  • "ImageCompression"Noneランレングス符号化を使用するかどうか
  • ""はNoneまたは""に設定できる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (7)  (7)

BMPファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ラスタグラフィックスをBMPにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

利用可能なすべてのImport要素:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルに保管された画像解像度情報:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ラスタライズされたベクトルグラフィックスをBMPにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このグラフィックス式をエキスポートすると,減色パレット付きBMPファイルが作成される:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

バイナリ画像をBMPにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1999年に導入
(4.0)
| 2010年に修正
(8.0)