BYU (.byu)

3D幾何形式.
CADシステムやその他のアプリケーションにおいて3D多角形メッシュの可視化に使われる.
BYUはBrigham Young Universityの頭文字である.
ASCIII形式.
多角形プリミティブの集合として3Dオブジェクトを表現する.
複数の3Dオブジェクトを保持することができる.
  • ImportExportは完全にBYU形式をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.byu"]はBYUファイルをGraphics3Dオブジェクトとしてインポートする.
  • Export["file.byu",expr]Graphics3D式をBYUファイルにエキスポートする.
  • Import["file.byu"]Graphics3D[GraphicsComplex[vertices,primitives,opts]]という形の式を返す.
  • Import["file.byu",elem]はBYUファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.byu",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.byu",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","BYU"]またはImport["file",{"BYU",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.byu",expr,elem]expr が要素elem を指定してるとしてBYUファイルを作成する.
  • Export["file.byu",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.byu",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.byu",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはBYU形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • Graphics要素:
  • "Graphics3D"Graphics3Dオブジェクトとして表現されたBYUファイル
    "GraphicsComplex"それぞれがファイルに保管された3D幾何データを表すGraphicsComplexオブジェクトのリスト
  • ImportExportはデフォルトで要素をBYUファイルに使用する.
  • データ表現要素:
  • "PolygonData"インデックス化された形式での多角形データ
    "PolygonObjects"絶対座標で与えられたPolygonプリミティブのリスト
    "VertexData"頂点座標のリスト
  • Importにデータを表す要素を使用すると,ファイルに保管された幾何オブジェクトに対応する要素のリストが返される.
  • Import["file.byu",{"PolygonData",n}]n 番目の幾何オブジェクトの多角形データを返す.

オプションオプション

  • Importの一般的なオプション:
  • BackgroundAutomatic使用する背景色
    ImageSizeAutomatic表示するグラフィックスの全体の大きさ
    LightingAutomatic3D面の色付けに使用する模擬光
  • BYUのインポートの際にはGraphics3Dのすべてのオプションが使用できる.
  • 高度なオプション:
  • "VerticalAxis"{0,0,1}ファイルで使用する座標系に想定する方向
  • デフォルトでは,Wolfram言語はBYU形式で使用されている座標系では,縦軸は第3座標に対応すると想定する.
  • と設定すると,Wolfram言語はBYUからのインポートの際には全グラフィックス座標に変換を適用し,3DSへのエキスポートの際にはその逆変換を適用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

簡単なBYUファイルをインポートし,3Dグラフィックスとして描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このサンプルファイルを表すGraphicsComplexオブジェクトをインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

頂点座標を読み込む:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

対応する多角形情報をインポートする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

サンプルファイルをPolygonプリミティブのリストに変換する:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

ParametricPlot3Dを使って3D図形を作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

BYUにエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

インライン3Dグラフィックスをエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)