C (.c)

Cプログラミング言語.
コンピュータシステムとアプリケーションのための汎用実装言語.
ベル電話研究所で1972年に開発された.
  • ExportはC99標準に対応するコードを生成する.

ImportとExportImportとExport

  • Export["file.c",{expr1,expr2,}]はコンパイル済みの関数のリストを1セットのコードとヘッダファイルにエキスポートする.
  • Export["file.c",ss]は離散時間状態空間モデル ss をエキスポートする.
  • Export["file.c",CompiledFunction[]]CompiledFunctionオブジェクトをC言語コードとヘッダファイルにエキスポートする.
  • Export["file.c",StateSpaceModel[]]は離散時間StateSpaceModelオブジェクトをエキスポートする.
  • ExportExport["file.c",CompiledFunction[]]の中の文字列をCの関数名として使う.
  • エキスポートされたソースとヘッダファイルは同じファイル名ベースである.
  • Export["file.c","fn"->expr] をCの関数名として expr をエキスポートする.
  • Export["file.c",{"fn1"->expr1,"fn2"->expr2,}]は複数のCompiledFunctionオブジェクトを1セットのコードとヘッダファイルにエキスポートする.
  • Export["file.c",expr,elem]expr を,要素 elem を指定するものとして扱うことによりコードとヘッダファイルを生成する.
  • Export["file.c",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]はそれぞれの を,対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.c",expr,opt1->val1,]は,指定された値を持つとされる指定されたオプション要素を含む expr をエキスポートする.
  • Export["file.c",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]はエキスポートされる要素を指定するために規則を使う.
  • Exportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ExportStringはC言語形式をサポートする.

オプションオプション

  • Exportオプション:
  • "CreateHeaders"Trueヘッダファイルを生成するかどうか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

数学関数のCファイルを生成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

複数のCompiledFunctionオブジェクトをCソースとヘッダファイルにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

StateSpaceModelオブジェクトをCソースとヘッダファイルにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

指定された関数名のソースとヘッダファイルを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)