CDF (.cdf)
This feature is not supported on the Wolfram Cloud.

MIMEタイプ:
Wolfram CDF(Computable Document Format,計算可能なドキュメント形式).
Wolfram CDF Player へのインタラクティブ出力の配備形式として使われる.
Wolfram言語式シンタックスに基づくASCII形式.
CDFはComputable Document Formatの頭字語である.
テキスト,タイプセット式,グラフィックス,インターフェース要素,その他のWolfram言語の入出力を保管する.
  • ImportExportはComputable Document Format (CDF)を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.cdf"]は.cdfファイルを読み込み,それをNotebook式として返す.
  • Export["file.cdf",expr,"CDF"]NotebookまたはNotebookObjectを.cdfファイルにエキスポートする.
  • Import["file.cdf",elem]は.cdfファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.cdf",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • Export["file.cdf",expr,{"CDF",elem}]expr が要素 elem を指定しているとして.cdfファイルを作成する.
  • Export["file.cdf",expr,"CDF",opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素で expr をエキスポートする.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringは.cdfファイルをサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドでファイル 新規作成 FreeCDF (.cdf)を選ぶと,新しい.cdfファイルを作ることができる.
  • ファイル 別名で保存を使うと現在のノートブックを.cdfファイルで保存することができる.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Notebook".cdfファイルを表すNotebook
    "NotebookObject"NotebookObject
    "Plaintext"テキストバージョン
  • ImportはデフォルトでCDFファイルに要素を使用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

インタラクティブ操作を含むノートブックをCDFファイルにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)