CIF (.cif)

MIMEタイプ:chemical/x-cif
3D分子モデルファイル.
3D分子モデルの格納と交換のために化学情報(cheminformatics)アプリケーションとWebで使われている.
CIFはCrystallographic Information FileおよびCrystallographic Information Frameworkの頭字語である.
プレーンテキスト形式.
拡張可能な自己記述形式.
1991年に国際結晶学連合(International Union of Crystallography)において開発された.
  • ImportはCIF形式バージョン1.1をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.cif"]はCIFファイルを読み込み,その内容を規則のリストとして返す.
  • Import["file.cif",elem]はCIFファイルより指定された要素をインポートする.
  • Import["file.cif",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","CIF"]またはImport["file",{"CIF",elem,}]で指定できる.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはCIF形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"規則のリストとして与えられる数値・テキストデータ
    "Comments"ユーザコメントの文字列リスト
  • ImportはデフォルトでCIF形式に要素を使用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

CIFファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2008年に導入
(7.0)