CUR (.cur)

Microsoft Windowsカーソル.
ラスタ画像形式.
Windows用のネイティブ形式カーソル.
CUR はCursorからの派生語である.
バイナリ形式.
解像度の異なる複数のカーソルを保管できる.
アルファチャンネルをサポート.
ICO形式に類似.
  • ImportExportはCUR形式を完全にサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.cur"] はCURファイルをインポートして,Imageオブジェクトのリストとしてファイルに保管されている全カーソルを返す.
  • Import["file.cur",elem]はCURファイルより指定された要素をインポートする.
  • Import["file.cur",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.cur",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式は,Import["file","CUR"]または Import["file",{"CUR",elem,}]で指定できる.
  • Import についての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはCUR形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • データ表現要素:
  • "Data"個々のカーソルの色の値の配列
    "GraphicsList"グラフィックスオブジェクトのリスト
    "HotSpot"各カーソルのホットスポットのピクセル座標
    "ImageList"Imageオブジェクトのリストとして与えられる全カーソル
    "RGBColorArray"個々のカーソルのRGBColorオブジェクトの配列
  • Import はデフォルトでCURファイルに 要素を使う.
  • 高度なImport要素:
  • "BitDepth"個々のカラーチャンネルを表すのに使われるビット数.
    "ColorSpace"このファイルで使われる色符号化
    "ImageSize"ラスタ次元
  • Exportオプション:
  • "HotSpot"Automaticカーソルのホットスポットのピクセル座標
  • ICOは最大256×256画素の画像をサポートする.Exportは256画素より大きいImageGraphicsを納まるように縮小する.
  • Exportはデフォルトでカーソルの左上の角にホットスポットを置く.
  • には以下の設定がサポートされている:
  • Automatic画像の境界線を除いた左上の角
    "TopLeft"画像の境界線を除いた左上の角
    "TopRight"画像の境界線を除いた右上の角
    "BottomLeft"画像の境界線を除いた左下の角
    "BottomRight"画像の境界線を除いた右下の角
    {x,y}明示的な画素座標

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

CURファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

最初のカーソル画像のホットスポット座標を取得する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

カーソル画像をホットスポット指定してCURにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2012年に修正
(9.0)