Complex128

  • Import は任意のバイナリデータを128ビット複素数の列として読むことができる.
  • Export は整数,実数,または複素数のリストをバイナリの128ビット複素数の列に変換できる.
  • IEEE単精度複素数"Complex64"形式を使い,インポートまたはエキスポートできる.

予備知識予備知識

    同一IEEE倍精度複素数の列.
    バイナリデータ形式.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file","Complex128"] は任意のファイルをIEEE倍精度複素数としてインポートして,実数のパックアレーを返す.
  • Export["file",list,"Complex128"] は複素数のリストをfile にエキスポートする.
  • Import["file",{"Complex128",elem}] または Import["file",elem ] は指定された要素を file からインポートする.
  • Import["file",{"Complex128",{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString はComplex128形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" このファイルで可能な要素,オプション
    "Rules"それぞれの要素,オプションのための完全な規則
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • データ表現要素:
  • "Data"複素数のリスト
  • ImportExport はデフォルトで 要素を使う.
  • Import["file",{"Complex128",n}]n 番目の倍精度複素数を file からインポートする.
  • Import はIEEE "infinity"ではInfinity を返し,IEEE "notanumber"ではIndeterminate を返す.
  • インポートされたファイルのサイズがデータサイズの倍数でない場合,最後の方のバイトは無視される.

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • ByteOrdering-1どのバイト順を使用するか
  • Import オプション:
  • "HeaderBytes"0ファイルの最初の部分でスキップするバイト数

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

数のリストをIEEE倍精度複素数に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

前の結果をWolfram言語の数に戻す:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2004年に導入
(5.1)
| 2007年に修正
(6.0)