DBF (.dbf)

MIMEタイプ:application/dbf,application/dbase
dBASE DBFデータファイル.
構造化データを保管・交換するためのレガシーファイル形式.
ASCII形式.
dBASEデータベース管理アプリケーションのネイティブ形式.
ポータブル形式で数データを保管する.
dBASE IVは1988年に導入された.
  • ImportはDBF形式バージョン4以降を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.dbf"]はDBFファイルをインポートし,表として並べられたすべてのデータを返す.
  • Import["file.dbf"]は各列がデータを表している表を返す.
  • DBFデータはWolfram言語において実数または整数,文字列,ブール値TrueおよびFalseDateList指定で表される.
  • Import["file.dbf",elem]はDBFファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.dbf",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.dbf",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","DBF"]またはImport["file",{"DBF",elem,}]で指定できる.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはDBF形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"表として並べられたデータ
    "LabeledData"規則のリストとして与えられたデータ
  • Importはデフォルトで要素を使用する.
  • Import["file.dbf"]は全データセットを読み込み,それらを表として返す.
  • Import["file.dbf","LabeledData"]はファイル全体をインポートし,という形の式を返す.ここで は表見出しである.
  • メタ情報要素:
  • "Labels"文字列のリストとして与えられたデータ名
  • DBF形式には長さ10以下のラベルが保管できる.

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "EmptyField"""Wolfram言語の空のセルがどのように表されるか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

利用可能なImport形式のリストを取得する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

DBFファイルからデータをインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//TableForm=

列ラベルを文字列のリストとしてインポートする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

各列に規則を与えて,ファイルをラベル付きデータのリストとして読む:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
2007年に導入
(6.0)