EDF (.edf)

EDF,EDF+生理学的信号記録形式.
一般に医学時系列データのレコードの交換,保管に使われる.
アプリケーション分野は脳波記録,睡眠ポリグラフ計,筋電図検査,誘発電位,電気神経記録法,心電図記録を含む.
EDFはEuropean Data Formatの頭文字である.
バイナリ形式.
複数の同時信号チャンネル,タイムスタンプ付きの注釈,メタ情報を保管.
EDF+は不連続時系列を保管することができる.
1992年に発表された.
  • ImportはEDF,EDF+形式ファミリを完全にサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.edf"]はEDF ファイルをインポートし,数の配列として信号データを返す.
  • Import["file.edf"]は信号チャンネルが場合によっては不連続のレコードのリストである形式の配列を返す.
  • Import["file.edf",elem]はEDF ファイルより指定された要素をインポートする.
  • Import["file.edf",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.edf",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","EDF"]または Import["file",{"EDF",elem,}]で指定できる.
  • Import についての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはEDF形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"不連続なレコードが平坦なリストにまとめられたリストのリストとしてのすべての信号チャンネル
    {"Data",label}名前付き信号チャンネルからのデータ
    "Labels"すべての信号チャンネルの名前
    "LabeledData"それぞれがラベル付きのデータチャンネルを表す規則のリスト
    "RecordsData"リストの配列として与えられたすべての信号チャンネル
  • Import はデフォルトで要素を使う.
  • Import["file.edf","Data"]は実質的に個々のチャンネルの不連続レコードを組み合せて平坦なリストにし,データサンプルのパックアレーのリストを返す.
  • Import["file.edf","LabeledData"]はファイル全体をインポートして 形式の式を返す.
  • Import["file.edf","RecordsData"]は信号 が不連続レコードのリストであるという形式のパックアレーを返す. それぞれのレコードはデータサンプルのリストとして与えられる.
  • メタ情報要素:
  • "Annotations"タイムスタンプ付き注釈リスト
    "ChannelCount"同時信号チャンネル数
    "FilterInformation"文字列として与えられる記録する際に使われる信号フィルタの情報
    "PatientID"患者ID文字列
    "Title"レコードのタイトル(通常ドキュメントの識別に使用される)
    "RecordTimings"記録の開始時間(秒)
    "RecordCount"ファイル中の記録数
    "RecordLength"レコードの長さ(秒)
    "DataRange"それぞれの信号チャンネルの物理的なデータ範囲
    "DataUnits"それぞれのチャンネルの物理データに与えられている単位
    "StartDate"記録が始まったローカルの日時
    "Device"各チャンネルの記録に使用される電極等の物理的デバイスの情報
  • Import["file.edf","Annotations"]形式のリストとしてEDF+ファイルのタイムスタンプ付き注釈リストを与える.
  • EDFとEDF+ではすべてのレコードは同じ継続時間を持つ.EDF+ ではレコードの間で途切れてもよい.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

EDFファイルにあるすべての信号チャンネルのラベルを表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ラベルとデバイス名を表としてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]//TableForm=

12番目の信号チャンネルの最初のレコードをインポートしてListLinePlotを使いプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2010年に修正
(8.0)