EPS (.eps,.epsf)

MIMEタイプ:application/postscriptapplication/epsapplication/x-epsimage/epsimage/x-eps
EPSページ記述言語およびファイル形式.
一般に2Dベクトルグラフィックスとページレイアウトアプリケーションで使用される.
自己完結型のPostScriptフラグメントで,他のドキュメントに含むのに適している.
EPSはEncapsulated PostScriptから派生した頭字語である.
テキスト形式.
テキストとベクトルグラフィックスをPostScript言語を使って保管する.
フォントと埋め込みラスタグラフィックスを含むことができる.
モノクロ,グレースケール,RGB,CMYKを含む種々の色エンコードをサポートする.
PDFの前駆体である.
PostScriptは1984年にAdobeによって導入された.
  • Import Exportは通常PostScriptレベル2ファイルを作成し,適切な場合には特定のレベル3機能も含むようにする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.eps"]はEPSファイルをインポートし,その内容をグラフィックスとして返す.
  • Export["file.eps",expr]は任意のテキスト文字列,ベクトルグラフィックス,NotebookまたはCell式をEPSにエキスポートする.
  • Wolframシステムのフォント,および標準でないフォントはデフォルトで必要に応じてエキスポートされたファイルに埋め込まれる.
  • Import["file.eps"]はEPSファイルをWolfram言語のベクトルグラフィックスに変換する.
  • Import["file.eps","Plaintext"]はEPSファイルのテキスト形式バージョンを与える.
  • Export["file.eps",expr,elem]expr が要素elem を指定してるとしてEPSファイルを作成する.
  • エキスポート形式はコマンドExport["file",expr,"EPS"]で明示的に指定できる.
  • Import["file.eps",elem]はEPSファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.eps",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.eps",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","EPS"]またはImport["file",{"EPS",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.eps",expr, elem]expr が要素 elem を指定するものとして扱って,EPSファイルを作成する.
  • Export["file.eps",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.eps",expr,opt1->val1,]は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとして expr をエキスポートする.
  • Export["file.eps",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • Exportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ExportStringはEPS形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドにおいて,別名で保存はアクティブなノートブックをEPSファイルにエキスポートする.
  • 選択範囲の形式保存はノートブックの選択した範囲をEPSファイルにエキスポートする.

要素要素

  • データ表現要素:
  • "Graphics"任意の2Dグラフィックス
    "Plaintext"文字列として与えられる,テキストによる内容
    "Image"ラスタ画像
    "Preview"埋め込まれたプレビュー画像
  • ImportExportはデフォルトで要素を使用する.

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • BackgroundAutomatic透明画像領域で示される背景色
    ImageSizeAutomatic画像全体の大きさ
    ImageResolution72ラスタ化の画像の解像度(dpi)
  • Exportの高度なオプション
  • "AllowRasterization"Automatic2Dおよび3Dのグラフィックスをラスタ化するかどうか
    "EmbeddedFonts"True非標準フォントを含むかどうか
    "PreviewFormat"None含まれるプレビュー画像の形式
  • の可能な設定:
  • None 埋込みプレビューなし
    "Interchange" デバイス非依存プレビュー(EPSI)
    "Metafile" Windowsメタファイルプレビュー(WMF)
    "TIFF" TIFFラスタ画像
  • の可能なオプション:
  • Automatic EPSで正しく再現できない透明性等の機能を含めてグラフィックスをラスタ化する
    True グラフィックスを常にラスタ化する
    False 常にベクトルグラフィックスを使用する

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (7)  (7)

EPSファイルをベクトルグラフィックスとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ベクトルグラフィックスをEPSにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

関数プロットをEPSにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

文字を含む出力をEPSに変換するとき,Wolframシステムはデフォルトで標準でないすべてのフォントをエキスポートされるドキュメントに含む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Cell式をEPSにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Notebook式をEPSに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

EPSIファイルを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
1999年に導入
(4.0)
| 2010年に修正
(8.0)