ExpressionML (.xml)

  • ImportExportは完全にExpressionML形式をサポートしている.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:text/xmlWolfram言語のExpressionML形式.
    任意のWolfram言語式をXMLとして表現する.
    一般的な式をWolframシステムと他のアプリケーションの間で交換するのに使われる.
    通常UTF-8で符号化されたプレーンテキストファイル.
    2002年Wolfram Researchにより開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.xml"]はExpressionMLファイルをインポートして,式を返す.
  • Export["file.xml",expr,"ExpressionML"]は任意の式をXMLにエキスポートする.
  • Import["file.xml"]はExpressionMLデータのあるXMLファイルを読み,対応するWolfram言語式に変換する.
  • XMLを読み込むとき,Importは自動的にExpressionML形式を認識する.一般的なXMLコンテンツは XMLObject 式としてインポートされる.
  • Export["file.xml",expr,"ExpressionML"]は任意のWolfram言語式を対応するExpressionMLデータ構造に変換して,XML式に書き込む.
  • Export["file.xml",XMLObject[]]は記号的なXML式を一般的なXMLに変換する.
  • Import["file.xml",elem] はExpressionMLファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.xml",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file","ExpressionML"]あるいは Import["file",{"ExpressionML",elem,}]を使って指定することができる.
  • Export["file.xml",expr,elem]expr が要素,elem を指定するものとして扱うことにより,ExpressionMLファイルを作成する.
  • Export["file.xml",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}] では,それぞれの が対応するを指定するものとして扱われる.
  • Export["file.xml",expr,opt1->val1,]expr を特別の値を持つオプションが指定されたものとしてエキスポートする.
  • Export["file.xml",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"] は規則を使い,エキスポートされる要素を指定する.
  • エキスポート形式はExport["file",expr,"ExpressionML"]あるいは Export["file",expr,{"ExpressionML",elems}]として指定できる.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportString はExpressionML形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Boxes"Wolfram言語ボックス式としてのExpressionMLタイプセット
    "Expression"任意のWolfram言語式
    "HeldExpression"未評価の式
    "XMLObject"記号的なXML式としてのExpressionML
    "XMLElement"ネストされたXMLElementオブジェクト
  • ImportExport はデフォルトで要素を使う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

数式をExpressionML形式に変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ImportはXMLデータを読み込むときに自動的にExpressionML形式を認識する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

可能なImport 要素を表示する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

ExpressionMLを評価された式に変換する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

評価せずにインポートする:

In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]=

ExpressionMLをWolfram言語のタイプセット式に変換する:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

ExpressionMLを完全な記号的XML式にインポートする:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

ExpressionML を部分的な記号的XML 式にインポートする:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=
2002年に導入
(4.2)
| 2007年に修正
(6.0)