FITS (.fits,.fit)

  • ImportExportはFITSファイル形式の画像,ASCII表,非圧縮Binary Table Extensionを完全にサポートする.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:application/fitsimage/fits
    FITS科学画像・データ形式.
    天体データの交換およびアーカイブ保存のための標準形式.
    NASAおよびInternational Astronomical Unionによって承認された.
    FITSはFlexible Image Transport Systemの頭字語である.
    ASCIIとバイナリの混合形式である.
    スペクトルデータとラスタ画像を無圧縮配列として保管する.
    形式拡張が可能である.
    1979年にDon Wells,Eric Greisen他によって開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.fits"]はFITSファイルをインポートし,画像を返す.
  • Export["file.fits",expr]は画像やその他の式を画像としてFITSファイルにエキスポートする.
  • Wolfram言語のグラフィックスや任意の式をFITSにエキスポートすると,結果の画像はその表示形式と同じラスタサイズとなる.
  • 画像オブジェクトはデフォルトでそれぞれのラスタサイズでエキスポートされる.
  • Import["file.fits",elem]はFITSファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.fits",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.fits",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","FITS"]またはImport["file",{"FITS",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.fits",expr,elem]expr が要素elem を指定してるとしてFITSファイルを作成する.
  • Export["file.fits",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.fits",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.fits",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはFITS形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • 画像を表現する要素:
  • "Data"調整色あるいはグレースケール値の配列
    "DataType"色またはグレースケールのデータをファイルに保管するためのデータ型
    "Image"ラスタ画像オブジェクト
    "Range"生データの最小値と最大値
    "Graphics"画像を表現するGraphicsオブジェクト
    "RawData"生ピクセル値の配列
  • ImportExportはデフォルトで要素をFITSファイルに使用する.
  • Importの高度な要素:
  • "BitDepth"ファイル中でグレーレベルを表す絶えに使用するビット
    "ColorSpace"ファイルで使用される色エンコード(通常GrayLevel
    "ImageSize"ラスタ次元
  • 一般的なメタ情報:
  • "Metadata"ファイルに保管されているメタデータ
    "Comments"文字列のリストで与えられる,ファイルに保管されたコメント
    "History"データまたは画像がどのように処理されてきたかについての記述
    "Object"観測オブジェクトの名前
    "Observer"データまたは画像を記録した人
    "Organization"ファイルの作成についての責任がある組織・機関
  • 記録デバイスと環境についての情報:
  • "RightAscension"望遠鏡軸の赤経設定
    "Declination"望遠鏡軸の傾斜設定
    "HourAngle"画像が撮られたときの描かれたオブジェクトの時角
    "SiderealTime"恒星時(LST)
    "Equinox"ファイルで使用される天球座標系の昼夜平分時で,一般に年で与えられる
    "Airmass"相対気団
    "ExposureTime"写真の露光時間(秒)
    "ObservationDate"観測が行われた日付と時間
    "Telescope"画像を捉えた望遠鏡
    "Device"記録手段(例:カメラ)
  • 書誌情報要素:
  • "Author"画像情報を編集した人
    "Reference"ファイルに関連付けられている書誌参照
  • FITSファイルのTable Extensionの要素の選択:
  • "TableData"ASCII Table Extensionを表すデータ配列
    "TableHeaders"文字列のリストとして与えられる列見出し
    "TableUnits"表の列に対応する計測の単位
    "Plaintext"単一文字の文字列として表されたASCII Table Extension
  • 複数の画像やデータExtensionを含むFITSファイルについては,上記要素はそれぞれの式のリストとして取られる.
  • メタ情報フィールド名はFITS標準に従うように,エキスポートの際にすべて大文字に変換される.

オプションオプション

  • 一般的な描画オプション:
  • ImageSizeAutomatic画像の全体の大きさ
    ColorFunctionAutomaticラスタ画像の色を決定するために適用される関数
  • 高度な描画オプション:
  • "Gamma"1.0描画に使用されるガンマ補正パラメータ

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

サンプルファイルで使用可能なインポート要素を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルをグラフィックスとしてインポートし,生のデータにガンマ修正を適用する:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

このファイルから生のメタ情報を読み取る:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]//TableForm=

FITSファイルから生のビットマップデータをインポートする:

In[5]:=
Click for copyable input

データの対数プロットを表示する:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

結果を自動的にグレーレベルのビットマップに変換し,FITSにエキスポートして戻す.

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

結果と指定のメタ情報をエキスポートする:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

エキスポートされたファイルのメタ情報とコメントをインポートする:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]//TableForm=
2002年に導入
(4.2)
| 2014年に修正
(10.0)