FLAC (.flac)

  • ImportExportはFLAC形式で一般的に使われるすべての音声コーデックをサポートする.

予備知識予備知識

    MIMEタイプ:
    FLAC可逆音声コーデック.
    音声のアーカイブ,再生に使われ,Webでの音声データの交換に使用される.
    音声圧縮のオープン標準.
    FLACはFree Lossless Audio Codecの頭文字である.
    バイナリ形式.
    線形予測とランレングス符号化法を使い音声サンプルを圧縮する.
    8音声チャンネルをサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.flac"]はFLACファイルをインポートして,音声オブジェクトを返す.
  • Import["file.flac",elem]はFLACファイルより指定された要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","FLAC"]またはImport["file",{"FLAC",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.flac",expr]はサウンドオブジェクトまたは音声オブジェクトをFLACにエキスポートする.
  • 音声オブジェクトとサウンドオブジェクトはデフォルトでは"Integer16"符号化を使ってエキスポートされる.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはFLAC形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Audio"すべての音声サンプルを含むAudioオブジェクト
    "AudioFile"ファイルに保存されている音声を表すAudioオブジェクト
    "Data"実数のリストのリストとして与えられ,各部分リストが個々の音声チャンネルを表している生の音声サンプル
    "SampledSoundList"SampledSoundListオブジェクトとして表されたデータ
    "Sound"Soundオブジェクトとして表されたデータ
  • ImportExportはデフォルトでFLACファイルに"Audio"要素を使用する.
  • 高度なImport要素:
  • "AudioChannels"音声チャンネル数
    "AudioEncoding"サンプルの符号化方法
    "Duration"継続時間(秒)
    "Length"サウンドサンプル数
    "MetaInformation"規則のリストとして与えられるメタ情報タグ
    "SampleDepth"振幅レベルの符号化に使用されるビット
    "SampleRate"秒・チャンネルあたりの振幅サンプルの数
  • 既存のファイルへのみメタ情報をエキスポートするときはExportはファイルのメタ情報は更新するが,音声データは変更しない.

オプションオプション

  • ImportExportのオプション:
  • SampleRateAutomatic秒・チャンネルあたりの振幅サンプルの数
    "IncludeMetaInformation"Allメタ情報を含むかどうか
  • "AudioChannels"Automatic音声チャンネル数
    "AudioEncoding""Integer16"サンプルがどのように符号化されるか
  • FLACにエキスポートされる際にサンプルレートが指定されていない場合,エキスポートされたサウンドの中の最も高いサンプルレートが使用され,必要に応じてすべてのサウンドが再サンプリングされる.
  • チャンネル数が指定されていない場合,最も多い同時使用チャンネル数が採用され,必要であれば無音が挿入される.
  • "AudioChannels"がエキスポートされるチャンネル数よりも少ない値 n に設定された場合,最初の n チャンネルのみエキスポートされる.
  • "AudioEncoding"は以下のコーデックのいずれにでも設定できる:
  • "Integer8"符号なし8ビットPCM
    "Integer16"16ビットPCM
    "Integer24"24ビットPCM

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

サンプルのFLACファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルのメタ情報を読み取る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

音声メタデータをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルで利用できる全インポート要素を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Playを使い,サンプルサウンドを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

前の結果をFLACにエキスポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

最初の音声チャンネルから最初の150の振幅サンプルをインポートしてプロットする:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=
2007年に導入
(6.0)
| 2016年に修正
(11.0)
Translate this page: