GIF (.gif)

  • ImportExportは静的,アニメーションGIF画像のGIF89a 標準をサポートする.

予備知識予備知識

    登録MIMEタイプ:image/gif
    GIFラスタ画像形式.
    一般に,Web上で静的な,あるいはアニメーションのグラフィックスに使用される.
    GIFはGraphics Interchange Formatの頭字語である.
    バイナリ形式.
    8ビット色パレットに制限した後,LZW可逆圧縮を使う.
    透過性をサポートする.
    1987年にCompuServeによって開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.gif"]はGIFファイルをインポートし,単一のImageオブジェクト,または画像のリストを返す.
  • Export["file.gif",expr]はグラフィックス,画像,任意の他の式をGIFにエキスポートする.
  • Export["file.gif",{g1,g2,}]はグラフィックスまたは画像のリストをアニメーションとしてエキスポートする.
  • Wolfram言語のグラフィックスや任意の式をGIFにエキスポートすると,結果の画像はその表示形式と同じラスタサイズとなる.
  • 画像オブジェクトはデフォルトでそれぞれのラスタサイズでエキスポートされる.
  • GIFはラスタ画像形式であるので,フォントはすべてエキスポートの際にラスタライズされる.
  • Import["file.gif",elem]はGIFファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.gif",{elem,sub,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.gif",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "GIF"]またはImport["file",{"GIF",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.gif",expr, elem]expr が要素 elem を指定してるとしてGIFファイルを作成する.
  • Export["file.gif",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.gif",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素で expr をエキスポートする.
  • Export["file.gif",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはGIF形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドでは,挿入 画像および開くメニューでGIFファイルがセルにインポートできる.
  • 選択範囲の形式保存はノートブックの選択した部分をGIFファイルにエキスポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • データ表現要素:
  • "Animation"アニメーションオブジェクトとして表されたアニメーションGIF
    "Graphics"Graphicsオブジェクトとして与えられる,GIFファイルの最初のフレーム
    "GraphicsList"Graphicsオブジェクトのリストとしての,アニメーションGIFのフレーム
    "Image"Imageオブジェクトとして与えられる,GIFファイルの最初のフレーム
    "ImageList"Imageオブジェクトのリストとしての,アニメーションGIFのフレーム
  • Importはデフォルトで静的GIFには要素を,アニメーションGIFにはを使用する.
  • アニメーションGIFのImportの際に要素を指定すると,アニメーションの最初の1フレームが返される.
  • Exportは与えられた式が画像のリストならデフォルトでアニメーションGIFを,その他の場合は静的GIFを生成する.
  • Exportの際に要素あるいはが指定されている場合は必ず静的GIFが生成される.
  • 高度なデータを表現する要素:
  • "Data"RGBカラーの値の配列
    "GrayLevels"正規化されたグレーレベル値の配置
    "RGBColorArray"RGBColorオブジェクトの配列
  • アニメーションGIFについては,上記のデータを表現する要素はそれぞれの式のリストであるとみなされる.
  • 高度なImport要素:
  • "AnimationRepetitions"アニメーションが停止するまでに何回再生するか
    "Background"透明画像領域に示される背景色
    "BitDepth"ファイルの各カラーチャンネルを表すのに使用されるビット数
    "ColorMap"色の値のリストとして与えられる,減色パレット
    "GlobalColorMap"個々のアニメーションフレームでデフォルトで用いられるカラーパレット
    "DisplayDurations"アニメーションフレームの表示時間(秒)
    "ImageCount"アニメーションGIFのフレーム数
    "ImageSize"画像全体の大きさ
    "RawData"カラーマップの指標の配列
    "Comments"ファイルに保管されたユーザのコメント
  • アニメーションGIFのから要素をインポートすると,全フレームのカラーマップがリストとして返される.

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • BackgroundAutomatic透明画像領域に示される背景色
    ImageSizeAutomatic画像の全体の大きさ
  • 画像はデフォルトでは完全サイズでエキスポートされる.
  • ImportExportのオプション:
  • "ImageTopOrientation"Topファイルに保管されている画像の方向
  • Exportのオプション:
  • "DitheringMethod""FloydSteinberg"減色表の生成に使用されるディザリングアルゴリズム
    "TransparentColor"Automatic透明として解釈される色
  • Export["file.gif",expr,"TransparentColor"->White]はもとの画像の白いピクセルはすべて透明であると解釈されるGIFファイルを作成する.
  • の可能な設定はまたはNoneである.
  • GIFの詳細な属性と設定:
  • "DisplayDurations"Automatic各フレームの表示時間(秒)
    "Interlaced"Falseグラフィックスのプログレッシブ描画が可能となるようにインターレース形式で保管するどうか
    AnimationRepetitions1アニメーションを何度再生してから停止するか
  • GIFは最大256色のカラーパレットをサポートし,カラーチャンネルにつき8ビットの解像度で色を保管する.
  • アニメーションGIFの各フレームの表示時間を指定するにはとする.表示時間のリストがフレーム数より短い場合は,必要に応じて列が繰り返される.
  • デフォルトの設定"DisplayDurations"-> Automaticでは,表示時間はビューアアプリケーションによって異なる.
  • AnimationRepetitionsには以下の設定が指定できる:
  • nアニメーションを何度再生するかを指定する正の整数
    Infinityアニメーションを無限に再生する

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

GIFファイルからラスタ画像をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像オブジェクトをGIFとしてエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

アニメーションGIFを画像のリストとして読む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルをアニメーションとしてインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

任意の式をラスタライズし,結果をGIFファイルに変換する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

出力されたファイルをインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

Graphics式のリストをエキスポートしてアニメーションGIFを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

結果のファイルをアニメーションとしてインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
1999年に導入
(4.0)
| 2008年に修正
(7.0)