GraphML (.graphml)

GraphMLグラフデータ形式.
グラフの標準交換.
GraphMLはGraph Markup Languageから派生した頭字語である.
XMLベースの形式.
型付き,属性付き,有向・無向グラフを表す.
ネストしたグラフ,ハイパーグラフも保管できる.
ユーザ定義の辺,頂点のタイプをサポートする.
2001年にGraphML開発グループにより提案された.
  • ImportExportはGraphML形式を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.graphml"]は指定のファイルに保管された,単独のGraphオブジェクトあるいはグラフのリストとして与えられたグラフをインポートする.
  • Export["file.graphml",expr]は1つまたは複数のグラフの隣接行列あるいは辺情報をGraphML形式にエキスポートする.
  • Import["file.graphml",elem]は指定された要素をGraphMLファイルからインポートする.
  • Import["file.graphml",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.graphml",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file","GraphML"]あるいはImport["file",{"GraphML",elem,}]で指定することができる.
  • Export["file.graphml",expr,elem]expr が要素 elem を指定するものとして扱って,GraphMLファイルを作成する.
  • Export["file.graphml",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]はそれぞれの が対応する を指定するものとして扱う.
  • Export["file.graphml",expr,opt1->val1,]は指定されたオプションの要素が指定された値を取るものとして expr をエキスポートする.
  • Export["file.graphml",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートされるべき要素を指定する.
  • Import toとExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはGraphMLファイル形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport 要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションについての規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定についての規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "AdjacencyMatrix"辺情報(行列のリストとして与えられる)
    "EdgeAttributes"辺属性(規則のリストとして表示される)
    "EdgeLabels"辺ラベルを表す文字列のリスト
    "EdgeRules"すべてのグラフの結合性データ(規則の配列として与えられる)
    "Graph"ファイルに保管された最初のグラフ(Graphオブジェクトとして与えられる)
    "Graphics"このファイルに保持された最初のグラフ(グラフプロットとして描画される)
    "GraphicsList"グラフィックスオブジェクトのリストとして与えられる全グラフ
    "GraphList"Graphオブジェクトのリストとして与えられる,ファイルに保管された全グラフ
    "VertexAttributes"頂点の属性(規則のリストとして表示される)
    "VertexCount"それぞれのグラフの頂点の数(整数のリストとして与えられる)
    "VertexList"頂点(文字列のリストとして与えられる)
  • Importは単純なGraphMLファイルにはを,複数のグラフのGraphMLファイルにはをデフォルトで使用する.
  • 複数のグラフを含むGraphMLファイルの要素指定:
  • "GraphNames"文字列のリストで与えられるグラフ名
    elem,"name"で指定されるグラフの要素 elem
    elem,nこのファイルの n 番目のグラフのデータ表現要素 elem
    elem,{n1,n2,}グラフ , , の要素 elem
    elem,Allリストで与えられる,全グラフに対する要素 elem

オプションオプション

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (7)  (7)

GraphMLファイルからグラフをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

GraphオブジェクトをGraphMLにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフデータをGraphMLにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

エキスポートされたファイルからグラフをインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

例題ファイルで利用可能なImport要素を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルから辺と頂点のラベルと連結規則をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

Graphオブジェクトとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

例題ファイルの辺の属性をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

グラフをインポートし,頂点ラベルを表示してプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)