ICO (.ico)

  • ImportExportは完全にICO形式をサポートする.

予備知識予備知識

    登録MIMEタイプ:image/vnd.microsoft.icon
    Microsoft Windowsアイコン.
    ラスタ画像形式.
    Windows用のネイティブ形式アイコン.
    ICOはiconからの派生語である.
    バイナリ形式.
    解像度の異なる複数のカーソルを保管できる.
    アルファチャンネルをサポート.
    CUR形式に類似.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.ico"]はICOファイルをインポートして,Imageオブジェクトのリストとしてファイルに保管されている全アイコンを返す.
  • Import["file.ico",elem]はICOファイルより指定された要素をインポートする.
  • Import["file.ico",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.ico",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式は,Import["file","ICO"]または Import["file",{"ICO",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.ico",expr,elem]expr が要素elem を指定してるとしてICOファイルを作成する.
  • Export["file.ico",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
  • Export["file.ico",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.ico",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはICO形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • データ表現要素:
  • "Data"個々のアイコンの色の値の配列
    "GraphicsList"グラフィックスオブジェクトのリストとして与えられるアイコン
    "ImageList"Imageオブジェクトのリストとして与えられる全アイコン
    "GrayLevels"正規化されたグレーレベルの値の配列
    "RGBColorArray"個々のアイコンのRGBColor オブジェクトの配列
  • Import はデフォルトでICOファイルに要素を使う.
  • 高度なImport要素:
  • "BitDepth"個々のカラーチャンネルを表すのに使われるビット数
    "ColorSpace"このファイルで使われる色符号化
    "ImageSize"ラスタ次元
  • ICOは最大256×256画素の画像をサポートする.Exportは256画素より大きいImageGraphicsを納まるように縮小する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

画像のリストとして2個のビットマップを含んでいるICOファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

アイコンを表すICOファイルをさまざまな解像度で読む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

いろいろな解像度の画像のリストをICOにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)
| 2012年に修正
(9.0)