JPEG2000 (.jp2,.j2k)

  • ImportExportはJP2ファイル形式とISO 15444標準のPart 1で指定されているJPEG2000機能をサポートする.
  • 予備知識予備知識

      MIMEタイプ:image/jp2
      JPEG2000ラスタ画像および圧縮形式.
      写真画像に使われる.
      JPEGはJoint Photographic Experts Groupの頭字語である.
      バイナリファイル形式.
      種々の色解像度と不透明度をサポートする.
      ウェーブレット変換に基づく可逆・不可逆圧縮を用いる.
      画像を別々にエンコードされた長方形タイルの配列として保管することができる.

    ImportとExportImportとExport

    • Import["file.jp2"]はJPEG2000ファイルを画像としてインポートする.
    • Export["file.jp2",expr]は画像,グラフィックス,その他の任意の式を,ラスタ画像としてJPEG2000にエキスポートする.
    • Wolfram言語のグラフィックスや任意の式をJPEG2000にエキスポートすると,結果の画像はその表示形式と同じラスタサイズとなる.
    • 画像オブジェクトはデフォルトでそれぞれのラスタサイズでエキスポートされる.
    • JPEG2000はラスタ画像形式であるので,フォントはすべてエキスポートの際にラスタライズされる.
    • Import["file.jp2",elem]はJPEG2000ファイルから指定された要素をインポートする.
    • Import["file.jp2",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
    • Import["file.jp2",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
    • インポート形式はImport["file","JPEG2000"]またはImport["file",{"JPEG2000",elem,}]で指定できる.
    • Export["file.jp2",expr,elem]expr が要素elem を指定してるとしてJPEG2000ファイルを作成する.
    • Export["file.jp2",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定しているとして扱う.
    • Export["file.jp2",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
    • Export["file.jp2",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
    • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
    • ImportStringExportStringはJPEG2000形式をサポートする.

    ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

    • ノートブックフロントエンドでは,挿入 画像および開くメニューでJPEG2000ファイルがセルにインポートできる.
    • 選択範囲の形式保存はノートブックの選択した部分をJPEG2000ファイルにエキスポートする.

    要素要素

    • 一般的なImport要素:
    • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
      "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
      "Options"オプション,属性,設定の規則
    • データ表現要素:
    • "Data"色の値の配列
      "Graphics"Graphicsオブジェクト
      "Image"Imageオブジェクトとして与えられたラスタ画像
      "GrayLevels"正規化されたグレーレベル値の配列
      "RGBColorArray"RGBColorオブジェクトの配列
      {"Thumbnail",size}指定の size のサムネイル(デフォルトでは size = Small
    • ImportExportはデフォルトで要素をJPEG2000ファイルに使用する.
    • Import["file.jp2","Data"]オプションで指定された色モデルを使ってエンコードされる色の値の配列を与える.
    • 個々の画像タイルは以下を使って選択または指定できる:
    • "Tiles",mタイルの m 行目
      "Tiles",m,nm 行目の n 番目のタイル
      "Tiles",m,n,elemm 行目の n 番目のタイルの要素 elem
    • Importの高度な要素:
    • "BitDepth"ファイルの各カラーチャンネルに使用されるビット解像度
      "ImageSize"ラスタ次元

    オプションオプション

    • 一般的なオプション:
    • ImageSizeAutomatic画像の全体の大きさ
    • ImportおよびExportのオプション:
    • "ImageTopOrientation"Topファイルに保管されている画像の向き
    • Exportオプション:
    • "BitDepth"8各カラーチャンネルに使用されるビット解像度
      "CompressionLevel"Automatic画像符号化アルゴリズムの圧縮パラメータを設定する
      "ImageTopOrientation"Topエキスポートされた画像の向き
      "TileSize"Automatic画像タイルのピクセル寸法
    • は1から31までの整数に設定できる.
    • が取り得る範囲は0から1までで,値が大きいほどファイルサイズが小さいことに対応する.
    • 不可逆圧縮法については,圧縮レベルが高いほど,より質の低いエンコードに対応する.
    • はJPEG2000ファイルの画像タイルのデフォルトサイズを指定する.これは通常という形式に指定されている.一番下の行と一番右の列はデフォルトサイズより小さいことがある.
    • 詳細な属性と設定:
    • "ColorSpace"Automatic画像の色空間
      "ImageEncoding""JPEG2000"ファイルで使用される圧縮法
      "TileDimensions"{1,1}タイル化配列の次元
    • ImportExportはグレーレベルおよびRGB画像においてJPEG2000アルファチャンネルをサポートする.
    • が取り得る設定:
    • "JPEG2000"標準の不可逆JPEG2000エンコード
      "Lossless"JPEG2000圧縮法の可逆バージョン

    例題例題すべて開くすべて閉じる

      (2)  (2)

    JPEG2000ファイルを画像としてインポートする:

    In[1]:=
    Click for copyable input
    In[2]:=
    Click for copyable input

    画像オブジェクトをJPEG2000にエキスポートする:

    In[1]:=
    Click for copyable input
    Out[1]=
    2007年に導入
    (6.0)
    | 2015年に修正
    (10.3)
    Translate this page: