MBOX (.mbox,.mbx)

  • Importはすべての一般的なmboxファイル形式の派生型をサポートする.
  • 予備知識予備知識

      Unixメールボックス形式.
      電子メールメッセージコレクションを保管する.
      Unix mail,Eudora, Mozilla, Netscape,Thunderbirdなどの電子メールクライアントのネイティブアーカイブ形式.
      ASCII形式
      メールボックスメッセージをもとの形式で,個々のメッセージを連結して空白行で区切った形で保管する.
      バイナリの添付ファイルをASCII表現を用いて含むこともある.
      電子メールアプリケーションは,通常元来のUnix mbox形式を改良したものを使う.

    ImportとExportImportとExport

    • Import["file.mbox"]はmboxファイルをインポートし,すべての内容を規則として返す.
    • Import["file.mbox"]という形式の式を返す.個々の電子メールメッセージという形式で与えられる.
    • Import["file.mbox",elem]はmboxファイルから指定の要素をインポートする.
    • Import["file.mbox",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
    • Import["file.mbox",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
    • インポート形式はImport["file","MBOX"] またはImport["file",{"MBOX",elem,}]で指定できる.
    • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
    • ImportStringはmbox形式をサポートする.

    要素要素

    • 一般的なImport要素:
    • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
      "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
      "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
    • データ表現要素:
    • "Messages"それぞれが完全なヘッダ情報,メッセージ本体,添付ファイル(該当する場合)を表す規則として与えられる電子メールメッセージのリスト
      "From"送信者のアドレス
      "ReplyTo"返信を送るべきアドレス
      "To"主受信者のアドレス
      "Cc"その他の受信者のアドレス
      "Subject"メッセージの件名
      "Date"DateObject指定で与えられるメッセージの日付
      "Data"メッセージ本体
      "Attachments"添付ファイルのリストで,可能ならWolfram言語式としてインポートされる
      "RawAttachments"生の文字列のリストとして与えられる添付ファイル
      "RawData"mboxファイルに存在するとおりの形のメッセージのリスト
      "EmailClient"送信者が使用した電子メールアプリケーション
      "MIMEVersion"メッセージがMIME形式の場合に,使用されたMIMEプロトコルのバージョン
    • Importはデフォルトで要素を使用する.

    オプションオプション

    • 一般的なオプション:
    • CharacterEncoding"ISOLatin1"ファイルで使用される生の文字コード

    例題例題すべて開くすべて閉じる

      (2)  (2)

    例題MBOXファイルをインポートする:

    In[1]:=
    Click for copyable input
    Out[1]=

    MBOXファイルからメッセージの件名を抽出する:

    In[1]:=
    Click for copyable input
    Out[1]=

    Import the message dates:

    In[2]:=
    Click for copyable input
    Out[2]=
    2007年に導入
    (6.0)
    | 2014年に修正
    (10.0)
    Translate this page: