MBOX (.mbox)

  • Importはすべての一般的なMBOXファイル形式の派生型をサポートする.

予備知識予備知識

    MIME type: application/mbox
    Unixメールボックス形式.
    電子メールメッセージコレクションを保管する.
    Unix mail,Thunderbird等の多くの電子メールクライアントのネイティブアーカイブ形式.
    ASCII形式
    符号化されたバイナリデータを伴うテキスト形式.
    メッセージを区切り行で連結されたEML形式で保存する.
    RFC 4155をサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.mbox"]はMBOXファイルをインポートし,連想で与えられたメッセージの概要のリストを返す.
  • Import["file.mbox"]{msg1,msg2,}という形式の式を返す.msgi は個々の電子メールメッセージの基本要素を与える連想である.
  • Import["file.mbox",elem]はMBOXファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.mbox",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.mbox",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","MBOX"] またはImport["file",{"MBOX",elem,}]で指定できる.
  • Importについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはMBOX形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • メールボックス全体の要素:
  • "MessageSummaries"各メッセージの基本要素を与える連想のリスト
    "MessageElements"各メッセージの主要素を与える連想のリスト
    "FullMessageElements"各メッセージの利用可能な全要素を与える連想のリスト
    "MessageCount"メールボックスにあるメッセージの数
  • Importはデフォルトで"MessageSummaries"要素を使用する.
  • メールボックスのメッセージ内の基本要素:
  • "From"差出人の名前と電子メールアドレス
    "FromAddress"差出人の生の電子メールアドレス
    "Subject"電子メールの件名
    "Body"文字列で表されたメッセージ本文
    "Attachments"式で表された処理済み添付ファイルリスト
    "AttachmentData"添付ファイルの生データを与える連想のリスト
  • その他の送受信者要素:
  • "FromName"差出人の氏名
    "ToList"受信者の名前とアドレスのリスト
    "ToAddressList"受信者のアドレスのリスト
    "ToNameList"受信者の氏名のリスト
    "CcList"カーボンコピー受信者の名前とアドレスのリスト
    "CcAddressList"カーボンコピー受信者のアドレスのリスト
    "CcNameList"カーボンコピー受信者の氏名のリスト
    "ReturnPath"メールに対して宣言された差戻し先
    "ReplyToList"返信先の名前とアドレスのリスト
    "ReplyToAddressList"返信先のアドレスのリスト
    "ReplyToNameList"返信先の氏名のリスト
  • メッセージ本文の要素:
  • "NewBodyContent"本文の返信または転送ではない部分
    "QuotedContent"本文の引用された部分
  • 添付ファイル関連要素:
  • "AttachmentSummaries"基本的な添付ファイル要素を与える連想のリスト
    "Attachments"添付ファイルの内容を与える式のリスト
    "AttachmentNames"添付ファイルに関連付けられた名前のリスト
    "AttachmentAssociations"添付ファイルの内容とメタデータを与える連想
  • メッセージの識別とスレッド分割の要素:
  • "MessageID"各メッセージのメッセージID
    "ReplyToMessageID"この返信のもとのメッセージすべてのID
  • メッセージルーチン関連要素:
  • "Precedence"宣言された電子メール優先度
    "ReturnReceiptRequested"開封確認が要求されているかどうか
    "DeliveryChainHostnames"電子メール配信チェーンのホスト名のリスト
    "DeliveryChainRecords"電子メール配信チェーンの全記録
  • 電子メールヘッダ関連要素:
  • "HeaderString"文字列で表された電子メールの全ヘッダ
    "HeaderRules"すべてのヘッダの規則のリスト
    "CharacterEncoding"電子メールの内容の文字コードのリスト
    "ContentType"電子メール本文のMIMEコンテントタイプ
  • メッセージ発信元関連要素:
  • "OriginatingMailClient"発信元の電子メールクライアントのタイプ
    "OriginatingIPAddress"発信元のクライアントマシンのIPアドレス
    "OriginatingHostname"発信元のクライアントマシンのホスト名
    "OriginatingCountry"geoIPから推測される発信元の国
    "OriginatingDate"電子メールヘッダ内に記録されているクライアントの日時
    "OriginatingTimezone"電子メールヘッダに記録されているクライアントの時刻帯
    "ServerOriginatingDate"発信元サーバの日時
    "ServerOriginatingTimezone"発信元サーバの時刻帯
  • "AttachmentAssociations"の設定は各添付ファイルの連想を与えるリストである.この連想の要素は通常以下のものである:
  • "Content"式で表された添付ファイルの内容
    "Name"添付ファイルに関連付けられた名前
    "MIMEType"内容の符号化に使用されるMIMEタイプ
    "RawContent"文字列で表された,符号化された生の内容
    "ByteCount"符号化された生の内容のバイト数
    "ModificationDate"添付ファイルに記録された編集日

オプションオプション

  • 一般的なオプション:
  • CharacterEncoding"ISOLatin1"ファイルで使用される生の文字コード

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (4)  (4)

サンプルMBOXファイルのメッセージの概要をインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

MBOXファイル内のメッセージ数を判定する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

MBOXファイルからメッセージをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

MBOXファイルからメッセージの件名を抽出する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

メッセージの日付をインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)
| 2016年に修正
(11.0)
Translate this page: