MPS (.mps)

  • Importは完全にMPS形式をサポートする.

予備知識予備知識

    MPS 数学ファイル形式.
    線形計画(LP)問題を指定するための事実上の標準.
    LPソルバが入力形式としてよく使用する.
    MPSは,Mathematical Programming System(数学的プログラミングシステム)の頭字語である.
    プレーンテキストのASCII形式で,バイナリファイルに圧縮されることもある.
    固定幅の表形式でデータを保持する.
    1970年代にIBMで開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.mps"] は最適化問題を表す式を返して,MPSファイルをインポートする.
  • Import["file.mps"]は,NMinimizeの入力に適する形式で目的関数と制約のリストを返す.
  • Import["file.mps",elem]は,指定された要素をMPSファイルからインポートする.
  • Import["file.mps",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.mps",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポートの形式はImport["file", "MPS"]あるいはImport["file",{"MPS",elem,}]で指定することができる.
  • Importについての完全な一般情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはMPS形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定についての規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Equations"目的関数と制約のリスト
    "LinearProgrammingData"線形計画を表すベクトルと行列
    "ConstraintMatrix"線形計画問題の制約を示す行列
  • Import はデフォルトで 要素を使う.

オプションオプション

  • Import オプション:
  • "FreeFormat"Falseファイル内でデータフィールドがゆったりと並べられているか,それともきっちりと並べられているか
    "EMPS"Falseファイルが圧縮されているかどうか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

Import 要素のリストをMPSファイルから得る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

MPSファイルをNMinimizeに適する式である目的関数と制約のリストとして読み取る:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

それをNMinimizeの入力として使う:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

MPSデータをLinearProgrammingの入力に適する形式で読み取る:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

それをLinearProgrammingの入力として使う:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

上の例の制約行列をインポートしてプロットする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)