MTP (.mtp)

Minitabポータブルワークシート形式.
統計データ形式.
統計データの交換とアーカイブに使われる.
MTPはMinitab Portable Worksheetからの派生語である.
プレーンテキストASCII形式:
ラベル付きデータを格納する.
Minitab Statistical Softwareの一部として1970年代に開発された.
  • ImportはMTP形式をサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.mtp"]はMTPファイルをインポートして,リストのリストを返す.
  • Import["file.mtp"]は,このファイルに保管されている行と列を表す文字列と数の2次元の配列を返す.
  • Import["file.mtp",elem]は指定された要素をMTPファイルよりインポートする.
  • Import["file.mtp",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.mtp",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "MTP"]または Import["file",{"MTP",elem,}]と指定できる.
  • Import についての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはMTP形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"表として構成されたデータセット
    "LabeledData"規則のリストとして与えられるデータセット
  • Importはデフォルトで 要素を使う.
  • テキスト情報:
  • "TextData"規則のリストとして与えられるテキストデータ

オプションオプション

  • Importオプション:
  • "EmptyField"""空のセルをWolframシステムでどのように表現するか

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

MTPサンプルファイルで可能なImport要素を表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

このファイルをそれぞれがラベル付きデータセットを表している規則のリストとしてインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

このファイルからすべての数値データを配列として読み込み,最初の10行を表として表示する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]//TableForm=
2007年に導入
(6.0)