MTX (.mtx)

Matrix Market 行列形式.
テスト行列の交換と格納に使われる.
プレーンテキスト形式.
NIST Matrix Market 標準テスト行列収集のファイル形式.
密な("array format")または疎な ("coordinate format") 表記で数値,またはパターン行列を格納する.
R. Boisvert, R. Pozo, K. Remington, J. Dongarraによって1996年に開発された.
U.S. National Institute of Standards and Technology (NIST)によって管理されている.
  • ImportExportは完全にMatrix Marketファイル形式をサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.mtx"]はMatrix Marketファイルより行列データをインポートする.
  • Export["file.mtx",expr]は任意の数値,またはパターン行列をMatrix Marketファイルにエキスポートする.
  • Import["file.mtx"]はMTX行列ファイルを読み,配列を返す.
  • Wolfram言語は"array format(配列形式)" ファイルをパックアレーに変換して, "coordinate format(座標形式)" ファイルを疎な配列に変換する.
  • Import["file.mtx",elem]はMatrix Marketファイルより指定された要素をインポートする.
  • Import["file.mtx",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.mtx",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","MTX"]またはImport["file",{"MTX",elem,}]として指定できる.
  • Export["file.mtx",expr,elem]expr が要素,elem を指定するものとして扱うことにより,Matrix Marketファイルを作成する.
  • Export["file.mtx",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]では,それぞれの が対応するを指定するものとして扱われる.
  • Export["file.mtx",expr,opt1->val1,]expr を特別の値を持つオプションが指定されたものとしてエキスポートする.
  • Export["file.mtx",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使い,エキスポートされる要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはMatrix Marketファイル形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定のための規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"パックアレーまたは疎な配列として与えられる行列データ
    "Graphics"行列要素の値の視覚的表現
  • Import はデフォルトで 要素を使う.
  • Import["file.mtx","Graphics"]MatrixPlot を使いグラフィックスとして行列の構成を描画する.
  • メタ情報要素:
  • "Comments"ファイルに格納されているユーザコメント
    "MatrixStructure"行列の対称性
  • の可能な設定:
  • "Hermitian"共役転置行列が等しい行列
    "General"転位対称性のない行列
    "SkewSymmetric"転置行列が元の行列の負と等しい
    "Symmetric"転置行列と等しい

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

MTXサンプルファイルより疎行列をインポートして,視覚的に表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

疎行列のオブジェクトとしてこのファイルをインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

2×2 の行列をMTXにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=
2007年に導入
(6.0)