MX (.mx)

  • ImportExportは完全にWolfram言語のMXファイルをサポートしている.
  • Wolfram言語のMX ファイルはDumpSaveによる作成が可能で,Getで読むことができる.

予備知識予備知識

    Wolfram言語のシリアル化パッケージ形式.Wolfram言語のパッケージの配布に使用される.
    高速にロードするために最適化されたシリアル化形式のWolfram言語式を格納する.
    バイナリファイル形式.
    MXファイルは異なるオペレーティングシステム間,あるいはWolfram言語の異なるバージョン間では共有できない.
    Wolfram Researchよって開発された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.mx"]はMXファイルを読み,式を返す.
  • Export["file.mx",expr]は任意のWolfram言語式をシリアル化して,それをMXファイルとして保存する.
  • Import["file.mx",elem]は指定された要素をMXファイルからインポートする.
  • インポート形式はImport["file","MX"]またはImport["file",{"MX",elem,}]と指定できる.
  • Import["file.mx"]Get["file.mx"]と等価である.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはMX形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則
  • Import要素:
  • "Expression"すべての式を読み,評価し,最後の結果を表示する.
    "HeldExpression"未評価の式のリスト
  • Wolfram言語のMXファイルにおいてはImportはデフォルトで要素を使う.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (1)  (1)

任意のWolfram言語式をMX形式にエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input

Importでの要素を表示する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

式をインポートする:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
1999年に導入
(4.0)
| 2007年に修正
(6.0)