MathML (.mml)

MIMEタイプ:text/mathml,application/mathml+xml
MathML数式用マークアップ言語.
数式をWebドキュメントに統合するのに使用される.
多くのブラウザとブラウザの追加機能が埋め込まれたMathMLの描画をサポートしている.
数式の表示とContent(内容)の意味を指定する:
XMLに基づく形式.
Wolframタイプセット言語から作成されたドラフトに基づいている.
W3C math working groupにより1999年に発表され,2003年に更新された.
  • ImportExportは完全にMathML 2.0規格をサポートしている.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.mml"]はMathMLファイルをインポートしてボックス式を返す.
  • Export["file.mml",expr]は任意の式をMathMLにエキスポートする.
  • Import["file.mml"]はファイルより,MathMLプレゼンテーション要素を読み,それを対応する Wolfram言語のボックス式に変換する.
  • Import["file.mml","Expression"]TraditionalFormの解釈規則を使い,MathMLをWolfram言語式に変換する.
  • Export["file.mml",expr]はボックス式または任意のWolfram言語式をMathMLに変換する.
  • 任意の数式をエキスポートする場合,そのプレゼンテーションとコンテンツは結果として作成されたMathMLで表現されている.
  • Import["file.mml",elem]はMathMLファイルより指定された要素をインポートする.
  • Import["file.mml",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "MathML"]またはImport["file",{"MathML",elem,}]と指定できる.
  • Export["file.mml",expr, elem]expr が要素,elem を指定するものとして扱うことにより,MathMLファイルを作成する.
  • Export["file.mml",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]では,それぞれの が対応するを指定するものとして扱われる.
  • Export["file.mml",expr,opt1->val1,]expr を特別の値を持つオプションが指定されたものとしてエキスポートする.
  • Export["file.mml",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使い,エキスポートされる要素を指定する.
  • エキスポートの形式はExport["file",expr,"MathML"]または Export["file",expr,{"MathML",elems}]として指定できる.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはMathML形式をサポートしている.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定についての規則
  • データ表現要素:
  • "Boxes"Wolfram言語のボックス式としてのMathMLタイプセット
    "Expression"任意のWolfram言語式
    "HeldExpression"未評価の式
    "XMLObject"記号的なXML式としてのMathML
    "XMLElement"ネストされたXMLElementオブジェクト
  • ImportExport はデフォルトで要素を使う.

オプションオプション

  • Exportオプション:
  • "Annotations"{}含まれる注釈
    "Presentation"TrueMathML表示要素をエキスポートするかどうか
    "Content"FalseMathMLContent要素をエキスポートするかどうか
  • の設定は, , を任意の組合せのリストである.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (2)  (2)

任意の式のエキスポートはデフォルトで表示MathMLを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

以下では表示MathMLとContent(内容)MathMLの組合せが作成される:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

これはContent MathMLのみを作成する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

Wolfram言語のボックス式を定義して表示する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]//DisplayForm=

それを表示MathMLに変換する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

前の出力をボックス式に変換して表示する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=
In[5]:=
Click for copyable input
Out[5]//DisplayForm=

Importは自動的にMathML形式を認識できる:

In[6]:=
Click for copyable input
Out[6]=

可能なImport要素を表示する:

In[7]:=
Click for copyable input
Out[7]=

MathMLを評価された式に変換する:

In[8]:=
Click for copyable input
Out[8]=

MathMLをシンボリックXML式としてインポートする:

In[9]:=
Click for copyable input
Out[9]=
1999年に導入
(4.0)
| 2007年に修正
(6.0)