NDK (.ndk)

NDK地震学ファイル形式.
一般に地震データの保管と交換に使用される.
個々の地震事象について,地理情報と波浪観測を保管する.
ASCII形式.
  • ImportはNDK形式を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.ndk"]はNDKファイルをインポートし,全データを配列として返す.
  • Import["file.ndk",elem]はNDKファイルから指定の要素をインポートする.
  • Import["file.ndk",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file", "NDK"]またはImport["file",{"NDK",elem,}]で指定できる.
  • Importについての一般情報は関数ページを参照のこと.
  • ImportStringはNDK形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"このファイルで利用できる要素とオプションのリスト
    "Rules"各要素とオプションの全規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "LabeledData"規則のリストとして与えられるデータ
    "Labels"データ記録ラベル
    "Data"記録のリスト
  • Importはデフォルトで要素を使用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

ファイルをインポートして最初の記録を示す:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

全記録を規則のリストとしてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

ファイルから全マグニチュード値を読み込む:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2010年に導入
(8.0)