PLY (.ply)

  • ImportExportはASCIIとバイナリのPLYファイル形式を完全にサポートする.
  • 予備知識予備知識

      3D幾何形式.
      ASCIIまたはバイナリ形式.
      3Dグラフィックスオブジェクトの保管と交換に使われる.
      「Stanford Triangle Format」として知られる.
      PLYはpolygonから派生した頭字語である.
      3Dオブジェクトを線と多角形プリミティブの集合とその属性として保管する.
      ユーザ定義の書式要素が使える.

    ImportとExportImportとExport

    • Import["file.ply"]はPLYファイルを,曲面を表すMeshRegion オブジェクトとしてインポートする.
    • Import["file.ply",elem]はPLYファイルから指定された要素をインポートする.
    • インポート形式はImport["file","PLY"]またはImport["file",{"PLY",elem,}]で指定できる.
    • Export["file.ply",expr]は3Dメッシュベースの幾何領域をバイナリPLYファイルにエキスポートする.expr にはConstantRegionQである任意の領域,またはGraphicsGraphics3Dのオブジェクトが可能.
    • Export["file.ply",expr,{opt1->val1,}]はファイル形式に対して指定されたオプションで expr をエキスポートする.
    • エキスポート形式はExport["file",expr,"PLY"]またはExport["file",{"PLY",opt1->val1,}]で指定できる.
    • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
    • ImportStringExportStringはPLY形式をサポートする.

    要素要素

    • 一般的なImport要素:
    • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
      "Rules"各要素の規則の完全リスト
      "Options"オプションと設定の規則のリスト
      "Summary"特性のまとめ
      "CoordinateTransform"PLY形式からの変換関数
    • データ形式表現要素:
    • "BinaryFormat"ファイルがバイナリPLYであるかASCII PLYであるか
      "Comments"コメント
      "VertexData"頂点座標のリスト
      "PolygonData"指標付き形式の多角形要素
      "UserExtensions"多角形の頂点に関連付けられたユーザ定義のデータ
    • 形状の表現要素:
    • 立体の境界メッシュ表現
      曲面のメッシュ表現
    • グラフィックス表現要素:
    • "Graphics3D"Graphics3Dオブジェクトで表されたPLYファイル
      "GraphicsComplex"GraphicsComplexオブジェクトで表されたPLYファイル
      "PolygonObjects"絶対座標で与えられる多角形プリミティブのリスト
    • ImportExportはデフォルトでPLYファイルに要素を使う.

    オプションオプション

    • Exportオプション:
    • "BinaryFormat"Trueバイナリファイルに書き出すかASCIIファイルに書き出すか

    例題例題すべて開くすべて閉じる

      (2)  (2)

    PLYから3DモデルをMeshRegionオブジェクトとしてインポートする:

    In[1]:=
    Click for copyable input
    Out[1]=

    モデルの特性のまとめ:

    In[2]:=
    Click for copyable input
    Out[2]=

    3DモデルをPLYファイルにエキスポートする:

    In[1]:=
    Click for copyable input
    Out[1]=

    ファイルの内容をテキストで出力する:

    In[2]:=
    Click for copyable input
    2007年に導入
    (6.0)
    | 2015年に修正
    (10.2)
    Translate this page: