PLY (.ply)

3D幾何形式.
ASCIIまたはバイナリ形式.
3Dグラフィックスオブジェクトの保管または交換に使われる.
「Stanford Triangle Format」として知られる.
PLYはpolygonから派生した頭字語である.
3Dオブジェクトを線と多角形プリミティブの集合とその属性として保管する.
ユーザ定義の書式要素が使える.
  • ImportExportはASCIIとバイナリのPLYファイル形式を完全にサポートする.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.ply"]はPLYファイルをGraphics3Dオブジェクトとしてインポートする.
  • Export["file.ply",expr]Graphics3D式をバイナリのPLYファイルとしてエキスポートする.
  • Import["file.ply"]Graphics3D[ GraphicsComplex[]]という形の式を返す.
  • Import["file.ply",elem]はPLYファイルから指定された要素をインポートする.
  • Import["file.ply",{elem,suba,subb,}]は子要素をインポートする.
  • Import["file.ply",{{elem1,elem2,}}]は複数の要素をインポートする.
  • インポート形式はImport["file","PLY"]またはImport["file",{"PLY",elem,}]で指定できる.
  • Export["file.ply",expr,elem]expr が要素elem を指定してるとしてPLYファイルを作成する.
  • Export["file.ply",{expr1,expr2,},{{elem1,elem2,}}]は各 が対応する を指定し
  • Export["file.ply",expr,opt1->val1,]は指定の値を持つ指定のオプション要素でexpr をエキスポートする.
  • Export["file.ply",{elem1->expr1,elem2->expr2,},"Rules"]は規則を使ってエキスポートする要素を指定する.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはPLY形式をサポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements"ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"要素とオプションのそれぞれの規則のリスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Graphics3D"Graphics3Dオブジェクトとして表されたPLYファイル
    "GraphicsComplex"GraphicsComplexオブジェクトとしてのPLYファイル
    "LineData"整数指標がで与えられる頂点を参照する,指標付き形式でのPLYファイルの線要素
    "LineObjects"絶対座標で与えられたLine プリミティブのリスト
    "PolygonData"指標付き形式での多角形のデータ
    "PolygonObjects"絶対座標で与えられたPolygonプリミティブのリスト
    "UserExtensions"多角形の頂点に関連付けられた,ユーザ定義のデータ
    "VertexColors"色プリミティブのリストで与えられる,各頂点に関連付けられた色
    "VertexData"頂点座標のリスト
    "VertexNormals"で与えられる頂点に対応する法線ベクトル
  • ImportExportはデフォルトでPLYファイルに要素を使用する.
  • 要素はGraphicsComplexの第1引数に対応する.
  • PLYカラーモデルの描画の際,Importは自動的にLighting->"Neutral"という設定を使用する.
  • ユーザ定義の要素:
  • "UserExtensions"文字列のリストとして与えられる,ユーザ定義データフィールドの名前
    "UserExtensions",fieldで与えられる各頂点に関連付けられた値のリストとしての,ユーザ定義のデータフィールド

オプションオプション

  • 一般的なImportオプション:
  • BackgroundAutomatic使用する背景色
    ImageSizeAutomatic表示するグラフィックスの全体の大きさ
    LightingAutomatic3D面の色付けに使用する模擬光
  • 高度なオプション:
  • "BinaryFormat"TrueファイルがASCII形式であるかバイナリ形式であるか
    "DataFormat"Automaticバイナリ形式で使われるデータ型
    "InvertNormals"False頂点法線の向きを逆にするかどうか
    "VerticalAxis"{0,0,1}ファイルで使われる座標系に想定される向き
    "Comments"Noneファイルに埋め込むコメント
  • バイナリPLYファイルは通常データをIEEE単精度浮動小数点数として保管する.これはという設定に対応する.
  • と設定すると,頂点の法線ベクトルは倍精度数として保管される.
  • 頂点座標と法線ベクトルに使用するデータ型は,明示的にまたはで設定できる.
  • デフォルトではWolfram言語はPLY形式で使用される座標系では縦軸は第3座標に対応すると想定する.
  • と設定すると,Wolfram言語はPLYからインポートするときは全グラフィックス座標にという変換を適用し,PLYにエキスポートするときは逆変換を適用する.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (5)  (5)

PLY例題ファイルをインポートし,3Dグラフィックスとして描画する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

簡単なPLYファイルをインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

頂点座標をインポートする:

In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

この12面体を表す頂点の数を計算する:

In[3]:=
Click for copyable input
Out[3]=

多角形データをインポートする.整数指標はで与えられた座標を参照する:

In[4]:=
Click for copyable input
Out[4]=

インライン3Dグラフィックスを使ったExportの例:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

RegionPlot3Dを使って3Dモデルを作成し,PLYにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
In[2]:=
Click for copyable input
Out[2]=

コメント付の3DモデルのPLYを作成する:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2007年に導入
(6.0)