PNG (.png)

  • ImportExportはPNG形式のバージョン1.2を完全サポートする.
  • ImportExportはメタデータ標準Exif 2.3,IPTC 4.2,XMPをサポートする.

予備知識予備知識

    登録MIMEタイプ:image/png
    PNGラスタ画像形式.
    Web上のグラフィックスや写真画像によく使われる.
    PNGはPortable Network Graphicsの頭字語である.
    バイナリ形式.
    単一の画像を保持する.
    各チャンネルについて8ビットか16ビットの解像度でカラービットマップを保持する.
    グレースケール画像は各ピクセルについて1,2,4,8,16ビットのいずれかの色の濃さで表示される.
    8ビットと16ビットのRGBとグレースケール画像についてはアルファチャンネルをサポートする.
    256色までの8ビットRGBカラーを使う減色パレットをサポートする.
    1995年にGIF形式に換わる公開された特許を必要としない形式として開発された.
    国際標準のISO/IEC 15948:2003とISO/IEC 15948:2004として発表された.

ImportとExportImportとExport

  • Import["file.png"]はPNGファイルをインポートし,画像を返す.
  • Import["file.png",elem]は指定された要素をPNGファイルからインポートする.
  • インポートの形式は,Import["file","PNG"]またはImport["file",{"PNG",elem,}]で指定することができる.
  • Export["file.png",expr]は画像,グラフィックス,その他のラスタ画像の任意の式をPNGファイルにエキスポートする.
  • 画像オブジェクトはデフォルトでそのラスタサイズでエキスポートされる.グラフィックスや任意の式は,その表示形式と同じラスタサイズを使ってエキスポートされる.
  • ImportExportについての一般的な情報は,関数ページを参照のこと.
  • ImportStringExportStringはPNG形式をサポートする.

ノートブックインターフェースノートブックインターフェース

  • ノートブックフロントエンドでは,「挿入 画像」および「開く」メニューでPNGファイルがセルにインポートできる.
  • 選択範囲の形式保存」はノートブックの選択した部分をPNGファイルにエキスポートする.

要素要素

  • 一般的なImport要素:
  • "Elements" ファイル中の有効な要素とオプションのリスト
    "Rules"それぞれの要素とオプションの規則の完全リスト
    "Options"オプション,属性,設定の規則のリスト
  • データ表現要素:
  • "Data"色の値の配列
    "Graphics"画像を表すGraphicsオブジェクト
    "Image"Imageオブジェクトとして与えられるラスタ画像
    {"Thumbnail",size}指定の size のサムネイル(デフォルトでは size = Small
  • ImportExport はデフォルトで"Image"要素をPNGファイルに使用する.
  • 減色パレットを使うPNGファイルの要素:
  • 高度なImport要素には以下のようなものが含まれる:
  • "BitDepth"ファイル内のそれぞれのカラーチャンネルを表示するのに使用されるビット
    "CameraTopOrientation"写真が撮影されたときのカメラの向き
    "Channels"
  • ファイルで使用されるカラーチャンネル数
  • "ColorProfileData"ColorProfileDataオブジェクトとして与えられる埋込みカラープロファイル
    "ColorSpace"ファイル内で使用されている色符号化
    "FlashUsed"
  • フラッシュが使用されたかどうか
  • "GeoPosition"GeoPositionオブジェックトで表される緯度と経度
    "GPSDateTime"
  • GPSによって登録された画像の作成日時
  • "ImageSize"ラスタ次元
    "RedEyeCorrection"赤目補正を行ったかどうか
    "Summary"
  • ファイルの概要
  • メタデータ要素
  • "Exif"整形されたExif(交換可能画像ファイル形式)
    "IPTC"整形されたIPTC(国際新聞電気通信評議会)
    "XMP"整形されたXMP(交換可能メタデータプラットフォーム)
  • ファイルに保存されているままの生のメタデータは"RawExif""RawXMP""RawIPTC"要素を使ってインポートすることができ,結果は連想で返される.
  • ExifとIPTCのタグはすべて別々にインポートできる.一般的なタグには以下のようなものがある:
  • "ApertureValue"レンズ口径
    "Artist"撮影者または画像の作成者
    "DateTime"画像の作成日時
    "ExposureTime"露光時間(秒)
    "FlashInfo"
  • フラッシュ情報(使用したフラッシュ,赤目補正等)
  • "FNumber"F値
    "FocalLength"レンズの実際の焦点距離(ミリメートル)
    "GPSAltitude"GPS位置の標高
    "GPSLatitude"GPS位置の緯度
    "GPSLongitude"GPS位置の経度
    "Make"記録装置の製造元
    "Model"装置のモデル名またはモデル番号
    "Software"画像生成に使用されたカメラまたは画像入力デバイスのソフトウェアまたはファームウェアの名前とバージョン番号

オプションオプション

  • ImportおよびExportのオプション:
  • ImageSizeAutomatic画像全体の大きさ
    IncludeMetaInformationAllインポート・エキスポートするメタデータタイプ
    "ImageTopOrientation"Automaticファイルに保管されている画像の向き
  • Importオプション:
  • "TakeRows"{1,-1}インポートする行
  • Exportオプション:
  • "Comments"Noneテキストによる情報
  • "ColorSpace"のサポートされている設定は"Grayscale""RGB"である."ColorSpace"->Automaticを使うと,Exportは同じ色空間のPNGファイルの作成を試みる.

例題例題すべて開くすべて閉じる

  (3)  (3)

PNGファイルを画像としてインポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

画像の概要:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=

RGB画像をPNGにエキスポートする:

In[1]:=
Click for copyable input
Out[1]=
2003年に導入
(5.0)
| 2016年に修正
(11.0)